市場調査部エクスプレス Today's Flash!

2016/05/31 08:43ドルロングポジション、昨年11月以来の大幅増加!

[欧米市場レビュー]

30日の欧州市場では、前週のイエレンFRB議長発言や安倍首相が消費増税の2年半延期する方針を固めたとのニュースが材料となり、ドル高・円安基調が継続しました。

欧州時間序盤にはドル/円が一時111.41円を付けたものの、英米市場が休場ということもありその後の商いは低調で、ドル/円やその他主要通貨は概ね狭いレンジ内での小動きに終始しました。


[本日の相場見通し]

本日の為替市場は、引き続き米早期利上げ観測や消費増税延期方針といった材料を受け、比較的しっかりしたドル高・円安基調が継続しそうです。

CFTC(全米商品先物取引委員会)がまとめた最新のデータによると、ヘッジファンドやトレーダーのドルロングポジション(=ドル買いポジション)は昨年11月以来の大幅増加となっており、4月から売り越しとなっていたドルの保有ポジションは買い越しに転じています。

ドル/円相場では、日足・一目均衡表が上昇トレンドを示す「三役好転」まであとわずかとなっており、一両日中にはその確認ができそうな状況です。

本日は、海外時間に発表されるEU5月消費者物価指数速報値や米4月PCEコアデフレーター、また米5月消費者信頼感指数がマーケットの動意となりそうです。

(チーフアナリスト 津田隆光)

―――――――――――――


※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス Todays'Flash!」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ