市場調査部エクスプレス Today's Flash!

2016/05/27 13:42【オセアニア・レポート】イエレンFRB議長の講演に注目、豪ドル/米ドルやNZドル/米ドルに影響する可能性も!?

[レビュー]

27日東京時間の外国為替市場は、動意に欠ける展開。ドル/円やクロス円は、総じて昨日NY終値近辺での“もみ合い”となりました。日経平均は堅調に推移したものの、イエレンFRB(米連邦準備理事会)議長の講演を今晩に控え、様子見ムードの強い展開となりました。

G7首脳宣言では、「為替市場の過度な変動や無秩序な動きは、経済や金融市場に悪影響」と改めて指摘されたものの、為替市場に大きな反応はみられませんでした。

[これからの展開]

FRBのイエレン議長が本日、ハーバード大学で講演を行う予定です(日本時間28日午前2時15分)。

FRBは前回4月25-26日のFOMC(米連邦公開市場委員会)で、政策金利を0.25-0.50%に据え置きました。ただ、その後に公表された議事録で、FRB当局者が4月のFOMCで「今後のデータが、4-6月期の景気の反発、労働市場の改善の継続、インフレ率の2%目標への接近などを示すのであれば、ほとんどの参加者は6月の利上げが適切となる公算が大きいと判断した」ことが判明。市場では、次回6月14-15日のFOMCでの追加利上げ観測が高まりました。

イエレン議長が本日の講演で、FRBの利上げ時期について新たな手掛かりを示すかどうかに注目です。新たな手掛かり材料が提供されれば、為替市場が反応する可能性があります。反応としては、“FRBの6月利上げ観測が一段と高まる→米ドル買い→豪ドル/米ドルやNZドル/米ドル下落” “FRBの6月利上げ観測後退→米ドル売り→豪ドル/米ドルやNZドル/米ドル上昇”が予想されます。

市場の金融政策見通しを反映するFF金利先物では、6月のFOMCで追加利上げが行われる確率が28%、政策金利を据え置く確率が72%織り込まれています(26日時点)。

(アナリスト 八代和也)

―――――――――――――


※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス Todays'Flash!」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ