市場調査部エクスプレス Today's Flash!

2016/05/25 09:27ドル/円、堅調推移が継続しそう!

[欧米市場レビュー]

24日の欧米市場では、原油価格の上昇や住宅建設銘柄の大幅上昇もあり、NYダウ平均が213.12ドル高となりました。

その住宅建設銘柄上昇の手掛かり材料となった4月米新築住宅販売件数が前月比16.6%増となる61万9000戸(事前予想:52万3000戸)となり、2008年1月以来およそ8年ぶりの高水準に、また増加率では1992年1月以来のおよそ24年ぶりの大きさとなり、景気回復期待に伴う早期利上げ観測からドル買いも強まり、ドル/円は再度110円台まで上昇し、ドルインデックス(ドル指数)も堅調推移となりました。その反面、ユーロ/ドルや国際商品の金価格が下押ししました。

昨日注目されたトルコ政策金利が据え置かれたこと、また市場の信認の厚いシムシェキ副首相が留任したことでトルコリラが上昇。トルコリラ/円も37.32円まで上昇しました。


[本日の相場見通し]

本日の東京株式市場は、前日NY株式市場の流れを引き継ぎ堅調な推移となりそうです。

足もとのドル/円およびクロス円通貨は、株価の上昇を受け円売り主体の堅調推移が予想されます。市場参加者は明日から開催されるG7伊勢志摩サミットの成り行きを見守る形が予想され、受け身姿勢主体となりそうです。

ドル/円は堅調推移が予想されるものの、上値は110円台ミドルでやや重い展開を予想。

豪ドル/円・NZドル/円は、日足・ボリンジャーバンドの収縮(=スクイーズ)もあり、上下限定的な動きが予想されます。
ユーロ/ドルは、21週移動平均線である1.1158ドル近辺を意識する展開となりそうですが、現状では軟調推移が継続しそうです。

(チーフアナリスト 津田隆光)

―――――――――――――


※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス Todays'Flash!」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ