市場調査部エクスプレス Today's Flash!

2016/05/13 08:50【本日の相場見通し】米ドル/円、日経平均とも方向感が定まりにくい流れに!?

[欧米市場レビュー]

12日の欧米市場では、米地区連銀総裁から追加利上げに前向きな発言が相次ぎ、米ドルが強含みで推移しました。

クリーブランドのメスター総裁は「経済見通しには不透明性がつきものであり、金融政策決定を阻むべきではない」、ボストンのローゼングレン総裁は「第2四半期の指標が好調なら、利上げが必要」、カンザスシティーのジョージ総裁は「米金利は低過ぎ」と述べました。

ユーロ/米ドルは一時1.1369ドルに下落。米ドル/円は一時109.38円に上昇しました。

豪ドルは対米ドル、対円とも下落。NZドルは対米ドルで横ばい、対円では反発しました。

BOE(英中銀)は政策金利据え置きを決定。会合後の会見でカーニー総裁が「利上げをしないより利上げをする可能性のほうが高い」と発言したことからポンドが買われ、ポンド/円は一時158.45円に上昇しました。

原油価格が上昇し、カナダドル/円、南アランド/円など資源国通貨が上昇。トルコリラ/円も買われました。


[本日の相場見通し]

米FRB高官発言をうけて、米ドル高・円安が進展。原油高、米ダウ平均の上昇もあり、リスクオフが後退しました。

ただ、決算不調が蒸し返されて携帯大手アップルが大幅下落したほか、ハイテク銘柄の多い米ナスダック指数が軟調となるなど、米国株の一部には揺れが生じているようです。

今週初からの4日続伸で合計539円上昇した日経平均は、25日線かい離率が0.8%と過熱感は無いものの、4/25-5/2の下げ幅の「半値戻し」16794円を11日に超えたことから、達成感の台頭から目先は上値が伸びづらいかもしれません。

本日は目立った経済指標発表がなく、米ドル/円、日経平均とも方向感が定まりにくい流れとなりそうです。


(シニアアナリスト 山岸永幸)

―――――――――――――


※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス Todays'Flash!」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ