市場調査部エクスプレス Today's Flash!

2016/05/04 14:22【オセアニア・レポート】再び米ドル安進展なら、「ストレート通貨」は強含む可能性も!?

[レビュー]

4日のアジア・オセアニア市場では、米ドルが買い戻され、円が売り直されました。

週末の米雇用統計を目前に控え、急ピッチの円高・米ドル安に一旦歯止めが掛かる形に。米ドル/円は一時107.39円に上昇しました(14:30現在)。

米ドルは対ユーロでも上昇、ユーロ/米ドルは一時1.1476ドルに下落しました(同上)。

昨日大幅に下落した豪ドルは、対米ドル、対円とも反発。NZドルは対米ドルで続落しましたが、対円では小幅反発しました。

その他のクロス円も、総じて反発しました。


[これからの展開]

東京株式市場が連休で、相場を動かす材料が乏しいなか、WTI原油先物が時間外で小幅反発したことも、リスクオフの後退に繋がったかもしれません。

ただ、香港、インド、台湾などアジア株が全面安、米ダウ平均先物が時間外取引で軟調となるなど、金融市場の揺れは依然続いているようです。

連休明け6日の東京株式市場では、グローバルな金融市場の動揺を織り込む可能性があり、日経平均が16,000円大台を割り込むような流れになると、連動性の高い米ドル/円も再び、円高・米ドル安に振れるかもしれません。

対円で米ドル安が進めば、他のクロス円も総じて下落する公算が大きいとみられます。その一方、米ドル安効果から、NZドル/米ドル、ユーロ/米ドルなど、いわゆる「ストレート通貨」は強含みで推移するかもしれません。


(シニアアナリスト 山岸永幸)

―――――――――――――


※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス Todays'Flash!」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ