市場調査部エクスプレス Today's Flash!

2016/04/26 09:11【本日の相場見通し】政策会合と決算本格化で、為替、株とも動きづらい流れに

[欧米市場レビュー]

25日の欧米市場では、FOMCと日銀会合を控え、為替市場は小動きに終始しました。

米ドル/円は一時111円を割り込みましたが、NY市場では111円台へと戻しました。

ユーロは対円、対米ドルとも強含みで推移しました。

豪ドル、NZドルは対米ドルで横ばい、対円では下落しました。

原油価格の下落から、ポンド/円、カナダドル/円は弱含みで推移しました。

トルコリラ/円、南アランド/円など新興国通貨も下落しました。


[本日の相場見通し]

為替市場は日米政策会合を、株式市場は日米決算を、それぞれ様子見する形から方向感の出づらい展開となっています。

国内企業決算の皮切りとなった日電産の決算は、市場予想を下回る結果となりました。輸出製造業を中心に決算が下振れする可能性があり、日経平均の重石となりそうです。

FOMCを控え、4月12日以降やや弱含みで推移していたユーロ/米ドルにはポジション調整のユーロ買い・米ドル売りとみられる動きが出始めています。

対ユーロでの米ドル安で、米ドル/円に下落圧力が掛かり易い点には注意が必要でしょう。


(シニアアナリスト 山岸永幸)

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス Todays'Flash!」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ