市場調査部エクスプレス Today's Flash!

2016/04/25 08:57【本日の相場見通し】日経平均に過熱感台頭も!? 日米金融政策会合を控え動きづらい流れに

[欧米市場レビュー]

22日の欧米市場では、東京市場での流れを引き継ぎ、円が全面安となりました。

米ドル/円は一時111.77円と4月4日以来、ユーロ/円は一時125.49円と4月6日以来の高値を記録しました。

対円での米ドル高をうけて、ユーロ/米ドルは一時1.1216ドルに下落しました。

豪ドル、NZドルは対米ドルでは下落、対円では上昇しました。

原油価格上昇と円安から、カナダドル/円は一時88.19円と昨年12月18日以来、ポンド/円は一時161.19円と4月1日以来の高値に。

南アランド/円、トルコリラ/円も上昇しました。


[本日の相場見通し]

日銀政策報道をうけて、米ドル/円、日経平均とも大幅に上昇しました。

ただ22日の報道はあくまで「噂」であり、実行されない場合には失望売りが嵩む可能性があります。また、仮に実行されても「噂で買って、事実で売れ」との相場格言どおり、利益確定売りに押されることも想定されます。

日経平均のテクニカルでは、過熱感を計る指標である「25日線かい離率」が22日の終値で5.9%に達しました。5%を超えるのは3月14日以来のこと。「25日線かい離率」は、平常時の日経平均では「5%超は買われ過ぎ、マイナス5%未満は売られ過ぎ」といわれます。

高値警戒感の台頭と、本日より本格化する国内企業決算発表の様子見姿勢の強まりから、日経平均は上値を伸ばしづらくなる可能性があります。

27日のFOMC、28日の日銀会合を控え、米ドル/円も様子見姿勢の強まりから、動きづらい流れとなるかもしれません。


(シニアアナリスト 山岸永幸)

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス Todays'Flash!」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ