市場調査部エクスプレス Today's Flash!

2016/04/11 09:55【本日の相場見通し】円高圧力高まるも、「日本株売り・米ドル/円売り」は徐々に後退か!?

[欧米市場レビュー]

8日の欧米市場では、イエレンFRB議長とダドリーNY連銀総裁が緩やかな利上げを示唆したことで、米ドルが弱含みで推移しました。

ユーロ/米ドルは一時1.1417ドルに上昇しました。米ドル/円は一時108.07円に下落しましたが、前日安値は下回りませんでした。

ユーロ/円は、ほぼ横ばいとなりました。

WTI原油先物は前日比6.6%高と大幅に反発。カナダドル/円、ポンド/円が上昇しました。

豪ドル、NZドルは対米ドル、対円とも上昇しました。原油ほか資源価格の上昇が好感されました。

原油価格の上昇でリスクオフが後退、トルコリラ/円、南アランド/円が上昇しました。


[本日の相場見通し]

直近11日9時40分時点で、米ドル/円は一時107.87円に下落しています。日経平均も一時15,500円台に下落し、為替、株式とも「催促相場」的な色彩が一層強まっています。

今月28日の日銀政策発表に向けて、さらに円高圧力が掛かる可能性があり、米ドル/円は下値模索となるかもしれません。ただ、4月新年度入りで、日本株への売り圧力は後退する兆しがみられ、「日本株売り・米ドル/円売り」というトレードは徐々に後退するかもしれません。

本日は10時半に中国のCPI、PPIの発表があり、念のため警戒しておきたいところです。


(シニアアナリスト 山岸永幸)

======================



※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス Todays'Flash!」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ