週刊2分でわかるトルコ

2016/05/02複雑さ示す国会乱闘、通貨は別

「国会大混乱」 トルコの首都アンカラにある国会議事堂内で、議員同士による殴る蹴るの乱闘がありました。欧米の主要メディアでも取り上げられました。 先週の木曜日28日、議員の不逮捕特権を話し合う委員会が開かれました。エルドアン大統領が、テロに関与しているとクルド系政党の国民民主主義党(HDP)を批判。それを受けて与党の公正発展党(AKP)を率いるダウトオール首相が、議員の不逮捕特権を剥奪す...

(続きは当社限定情報となります。)

この続きは、当社にてお取引中のお客様のみお読みいただけます

当社にてお取引中のお客様はこちらから

口座開設はこちらから(無料)

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.02.12 更新トルコリラめぐるリスク、地方選と大統領「抜き打ち検査」トルコの5つ地域で先週6日、食料品を扱う業者に対する抜き打ち検査が行われました。食の安全ではなく、価格を調べるものです。ブルームバーグが詳しく伝…
  • 2019.02.04 更新投資家安堵でトルコリラ堅調「中銀見通し」トルコの中央銀行は先週、最新のインフレ率見通しを公表しました。四半期ごとに見直しています。中銀は、今年末のインフレ率について従来予想の15.2%か…
  • 2019.01.28 更新変化あり、トルコめぐる投資家心理「楽観論」ニューヨークのマンハッタン・ミッドタウンにあるランガムホテルの3階で今月17日と18日、トルコへの投資に関する会合が開かれました。フィナンシャルタイム…
  • 2019.01.21 更新3月までと4月以降のトルコリラ「金利据え置き」トルコの中央銀行は、16日の定例の金融政策委員会で、主要な政策金利である1週間物レポ金利を24%で据え置きました。翌日物貸出金利と翌日借入金利も…
  • 2019.01.15 更新トルコリラは世界で最も割安?中銀会合に注目「トルコリラと中国人民元」トルコリラが世界で最も割安の通貨だ。ドイツ銀行の為替ストラテジストがこう述べたとトルコの経済紙ドゥニヤが伝えました。2018年のトルコ…

「週刊2分でわかるトルコ」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ