週刊2分でわかるトルコ

2015/10/26トルコリラ支える2つの期待

「堅調に推移するトルコリラ」 今月10日に首都アンカラで起きた自爆テロ事件。102人が死亡しました。治安悪化への懸念などから、事件後にトルコリラは一旦売られました。ただ、その後買い戻され、先週末まで堅調に推移しました。FRBの利上げが後ずれするとの観測を背景に、新興国通貨が買い戻されたことが支援材料。しかし、新興国が軟調な局面でも、トルコリラは堅調でした。 11月1日に実施される「やり...

(続きは当社限定情報となります。)

この続きは、当社にてお取引中のお客様のみお読みいただけます

当社にてお取引中のお客様はこちらから

口座開設はこちらから(無料)

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.10.15 更新牧師釈放後のトルコリラ「政治」「トルコが違う国のように感じる」「親しくなれると思う」。アンドリュー・ブランソン牧師がトルコで釈放されました。「ヒーロー」待遇でホワイトハウスの執務室に…
  • 2018.10.09 更新トルコリラを左右する2つのイベント「サウジとの関係」トルコでは週末から、サウジアラビアの著名記者の行方が大きなニュースになっています。行方不明になっているのはサウジアラビア国籍のジャマル・カショ…
  • 2018.10.01 更新トルコリラ、安定に向かうか「国連総会」ニューヨークで先週開かれた国連総会。世界が注目したトランプ大統領の25日の演説は「アメリカ第一主義」を強く主張、「グローバリズム」を否定するものでし…
  • 2018.09.25 更新トルコリラの方向を決める第3の鍵「国連総会」ニューヨークで、国連の第73回総会が開かれています。アメリカのトランプ大統領、安倍首相のほか世界各国の首脳がアメリカ最大都市に滞在します。トルコのエ…
  • 2018.09.18 更新再びトルコリラ安、利上げ効果消える「東京で主要通貨」日本の個人投資家の間で、トルコリラが依然として人気だとロイターが先週末報じました。東京外国為替マーケットでは、トルコリラ/円の1日あたりの取引…

「週刊2分でわかるトルコ」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ