週刊2分でわかるトルコ

2019/04/22トルコリラ見通し、国内専門家はこうみる

「FT報道」 トルコが外貨準備高をかさ上げしている。フィナンシャル・タイムズ(FT)の17日の報道が先週後半のトルコリラ相場に大きく影響しました。 トルコの中央銀行が公表した4月初旬時点の外貨準備高は281億米ドルでした。しかし、FTが独自に分析したところ、短期借り入れ(スワップ取引)による異常な増加によってかさ上げされていることがわかったとしています。短期借り入れを除くと外貨準備高は...

(続きは当社限定情報となります。)

この続きは、当社にてお取引中のお客様のみお読みいただけます

当社にてお取引中のお客様はこちらから

口座開設はこちらから(無料)

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.05.20 更新トルコリラの方向決めるもの「S-400」5月9日はロシア人が最も大事にする祝日。第2次世界大戦で連合国がドイツに勝利した日にあたり、モスクワ中心部の赤の広場で軍事パレードが催されるのがソ…
  • 2019.05.13 更新変動激しいトルコリラ、何が起こっている「欧米批判」ヒュッリイェトは「トルコはトルコ人のもの」がスローガン。1948年にイスタンブールで創刊されたトルコの主要な日刊紙であり、宗教的な要素を排除し、中立…
  • 2019.05.07 更新急落したトルコリラ、政治と社会の混乱「6リラ割る」トルコリラが急落しました。トルコリラの対米ドル相場は6日、1米ドル=5.96で取引が始まりました。トルコリラ安がじわり進み、トルコ時間の午後に1米…
  • 2019.04.29 更新トルコリラ売り、一段安予想も「サプライズになった中銀声明」トルコリラの売りが止まりません。先週は売りが加速、一段安になりました。きっかけはトルコの中央銀行が金融政策を決める会合後に発表した…
  • 2019.04.22 更新トルコリラ見通し、国内専門家はこうみる「FT報道」トルコが外貨準備高をかさ上げしている。フィナンシャル・タイムズ(FT)の17日の報道が先週後半のトルコリラ相場に大きく影響しました。トルコの中央銀行…

「週刊2分でわかるトルコ」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ