2分でわかるアメリカ

2011/05/19大震災で変わった米国カーマップ


アメリカのテレビのローカル枠で、GMやフォードなどの販売店のコマーシャルが最近増えたなと感じていました。新聞を読んでいて、その理由がわかりました。日本車を売りたくても在庫がないからです。

アメリカの自動車販売店、いわゆるカー・ディーラーは、日本がメーカーの系列会社であるのと違い、独立した会社です。100以上の店舗で複数のメーカーのクルマを販売するディーラーがいる一方で、家族経営の1店舗経営のディーラーも少なくありません。

例えば、サンタモニカにあるBMWは家族経営で、ビバリーヒルズのBMWは別な独立した会社です。クルマはディーラーが買い取るため、メーカーの影響力が日本と比べて小さいと言えます。別の言い方をしますと、売れるクルマのディーラーは多くなり、売れないクルマのディーラー数は必然的に少なくなります。

ロサンゼルスを旅行した日本人が、空港を出て最初に気付くことは「日本車が多いこと」です。大雑把に言いますと、3台から4台に1台が日本車です。日本の家電は「ガラパゴス化」の影響もあって大苦戦していますが、日本車はまだまだ売れ筋商品です。しかし、大震災の後、状況が変わりました。

ウォール・ストリート・ジャーナルによりますと、全米15州に211のカー・ディーラーを展開するオート・ネーションは、日本車の入荷が激減したため、日本車の宣伝を取りやめその予算をGMフォードクライスラーの宣伝に振り替えたと伝えています。

オート・ネーションの店舗の中で稼ぎ頭はマージンが大きいレクサスのディーラーです。フロリダ州のタンパにあるレクサスでは毎月24台のRX350を販売するのですが今月の入荷はたった1台。トヨタ店では、平均で毎月58台のカローラが売れますが、同様に1台しか入荷しませんでした。在庫が直ぐに無くなることは明らかです。さらに、パーツも不足しているため、サービスで儲けることも出来ません。ヒューストンを拠点にするグループ・ワンも同様で、トヨタ、日産、ホンダ車の入荷が今月以降、激減しました。

 GMをはじめとするアメリカのビッグスリーの経営が悪化し、ディーラー数が大幅に減りました。さらにガソリン価格が高騰していて、プリウスをはじめとする日本車にとって「大チャンス」です。しかし、大震災の傷は深く、日本車を買いたい人が結局、アメリカ車や韓国のメーカーに流れることは必至です。来年、ロサンゼルスを旅行すると、フリーウェイにヒュンダイのクルマが増えたと感じるかもしれません。 

[May 18, 2011] No 010417

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.07.20 更新輸入車関税の方向決める1週間※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカ商務省が、アメリカに輸入される自動車と自動車部品が安…
  • 2018.07.19 更新トランプ関税、今度はウラン?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)先月末から今週初めにかけて、北朝鮮が高濃縮ウランの生産を強化…
  • 2018.07.18 更新ゴールドマンの次期CEOはクラブDJ※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの金融機関大手ゴールドマン・サックスが17日、第2四…
  • 2018.07.17 更新遅刻の常習プーチン、擁護したトランプロシアのプーチン大統領は遅刻常習犯として知られています。日本の安倍首相、ドイツのメルケル首相、イギリスのエリザベス女王、ローマ法王をはじめ数多くの要人との会談に…
  • 2018.07.14 更新「対中関税確率60%」、イバンカさん打撃※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカのトランプ政権が今週10日、中国から輸入する2000億…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ