2分でわかるアメリカ

2011/03/22ガイガー・カウンターがSOLD OUT


日本からロサンゼルスを訪れている友人から「ガイガー・カウンターをどこで買えるか教えて欲しい」と聞かれました。思いつくまま問い合わせたのですが「どこも売り切れ」でした。ネットショップ最大手のアマゾン・ドット・コムでも売り切れ、「入荷は4月後半」と書いてあります。

ガイガー・カウンターは、第二次世界大戦前の1928年にドイツの物理学者であるハンス・ガイガーとヴァルター・ミュラーの2人が発明した放射能を測定する計測器です。発明から83年経ちましたが放射線量はガイガーの原理を使って測定されています。

ガイガー・カウンターにはドイツ製、ロシア製、ウクライナ製、アメリカ製などがあり、200ドル(約1万6000円)から900ドル(約7万2000円)で売られています。

福島第一原発事故をきっかけに、アメリカにも放射能が風で飛来するのではないかとの恐怖感が広がりました。実際、ワシントン州と北カリフォルニアのサクラメントで先週末微量の放射能が検出されました。サンタモニカにある小学校では、先週木曜日から「きょうの放射線量」がメールで通知されています。

日本の秋葉原でもガイガー・カウンターが売り切れているそうですが、アメリカでも同様です。クレイグリストという個人売買のサイトでは、市販価格の100倍近い日本円にして約400万円で売っている人もいました

アマゾン・ドット・コムではまた、放射能を解毒すると信じられているヨウ化カリウムの錠剤がベストセラーになっています。世界保健機関(WHO)は、健康に影響する可能性があるとしてカリウムを服用しないよう訴えたほどです。

アメリカの放射能を巡る混乱は「オーバー・リアクション」です。これは、日本からの情報が少ないことが原因だと考えられます。情報が少ないと、メディアが憶測記事を書き、不安心理を煽ります。正確な情報を出来るだけ入手し冷静な対応をとることが大事だと思います。  
[March 21, 2011] No 010375

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.10.18 更新米財務省の為替報告書※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカ財務省が為替報告書を公表する予定。アメリカ東部時間の…
  • 2018.10.17 更新財政赤字、トランプ氏の主張と違った※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)大規模な減税分は高い経済成長で相殺される。トランプ政権が去年…
  • 2018.10.16 更新マーケットが気にするサウジ記者問題※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)サウジアラビア人のジャマル・カショギ記者が今月2日から行方不…
  • 2018.10.13 更新トルコリラとアメリカ人牧師※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)トルコ西部のイズミールの裁判所が12日、拘束中のアメリカ人牧師…
  • 2018.10.12 更新FRB批判、責任逃れか※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの中央銀行であるFRBに対するトランプ大統領の批判が日…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ