2分でわかるアメリカ

2011/03/09サンタモニカだけ高くなる


ロサンゼルスはニューヨークに次ぐ全米2位の大都市です。僕はロサンゼルスに住んでいるのですが正確には違います

どういうことかと言いますと、ロサンゼルス郡という都市圏があって約1000万人が暮らしています。この中心はもちろんロサンゼルス市なのですが、サンタモニカやビバリーヒルズ、ロングビーチなどは独立した市です。東京の中で港区や世田谷区が独立したようなものです

僕が住んでいるのはサンタモニカ。人口は約9万人。海はロサンゼルス市に属するため東西南北がロサンゼルス市に囲まれています。ビーチや歴史的な遊園地、プロムナードという人気のショッピング通りがあります。年間平均で325日が晴れ、率にして約90%は天気が良いこともあり、全米でも有数のリゾート観光地となっています。  

このサンタモニカにはお店がいっぱいあるのですが、近所の店より4月から値段が高くなります。セールスタックスが4月1日から0.5%引き上げられるからです。

日本の消費税に相当するセールスタックスは州によって税率が異なります。デラウェアの0%からカリフォルニアの8.25%までの基礎税があり、地域によって自治体が何%か上乗せすることがあります。ロサンゼルス市は現在9.75%で、全米でも最高水準にあります。サンタモニカも現在は9.75%なのですが来月からは10.25%になります。港区の消費税が6%、隣の渋谷区は5%みたいな感じです。

サンタモニカ市は公立学校の水準が高いことで知られています。(だから僕は引っ越しました)しかし、アメリカのどの地方自治体と同様財政赤字問題を抱えていて、学校の先生が一部レイオフされました。このため、市で投票をした結果0.5%引き上げその分は学校の予算に加えられることになったのです。

クルマで2分走ればロサンゼルス市なので、4月からはサンタモニカで買い物をしなくても暮らしていけます。ただ、子どもが公立学校で勉強しているので、サンタモニカで買い物をして貢献したいとも思うし、なんとなく複雑な気分です。

[March 08, 2011] No 010366

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.01.24 更新減速した米不動産市況全米不動産業者協会(NAR)が22日発表した12月の中古住宅販売件数は、季節調整済み年率で前月比6.4%減の499万戸でした。約3年ぶりの低水準。525万戸前後…
  • 2019.01.23 更新生活水準下げました我が家では、去年の第4四半期(10-12月)から生活水準を大幅に下げました。食費を切り詰め、無駄な買い物をしなくなりました。今年はクルマのダウングレードを考えて…
  • 2019.01.19 更新NY連銀総裁の警告不法移民を減らし、麻薬取引や人身売買などの犯罪を撲滅するためメキシコとの国境にスティール製の壁を建設するとのトランプ大統領の公約。国境警備の強化には賛成するもの…
  • 2019.01.18 更新ウォール街、株強気派増える17日のニューヨーク株式マーケットでは、モルガンスタンレーの決算が予想を下回ったことなどが影響し売りが先行しました。ただ、下げ幅は限定的。後半の取引で上昇に転じ…
  • 2019.01.17 更新メイ首相続投、5つのシナリオメイ首相が提示したEU離脱協定案の賛否を問うイギリス議会下院の投票が15日夜実施され、反対多数で否決されました。メイ首相が率いる与党・保守党からはEU離脱派と残…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ