2分でわかるアメリカ

2011/01/07投資界の大物が警告する「米の格下げリスク」


アメリカ議会が5日招集されました。野党である共和党が躍進した去年11月の中間選挙の結果を受けた新勢力による初めての議会です。下院再開の冒頭で、共和党のジョン・ベイナー氏が議長に選出され、前議長の民主党のナンシー・ペロシに続いて演説をしました。歴史的な瞬間だったのですが、世界最大の債券運用会社の創設者で共同経営最高責任者のビル・グロス氏は「演説中に寝てしまった」と話しました。お互いの功績をたたえるだけだったからです。

グロス氏は経済チャンネルのCNBCに出演、この中で「共和党と民主党が協調することは難しい、今後数年に渡って激しい攻防が展開される」と予想しました。

グロス氏が心配しているのは、議会が混迷し、財政赤字が増え続けることです。共和党は予算に制限を設けることを主張しているのですが、どの予算を削るのかはこれからです。

OECDによりますと、アメリカ政府の累積債務は対GDP比で89.6%です。199.2%の世界断トツの日本を除いては、先進国の中では高い水準で、赤字は景気が本格的に回復するまでは増え続ける見通しです。

グロス氏は「アメリカの財政赤字がいまのペースで増え続ければ、アメリカの格付けが引き下げられる」と警告しています。

中国が世界第二位の経済大国になる見通しですが、経済規模はアメリカの5分の2に過ぎず、市場の厚みやスケールはアメリカが中国をまだまだ圧倒しています。アメリカが格下げされるということは、世界経済が格下げする、というに等しいともいえ、その影響は計り知れません。

ガイトナー財務長官が国の借金である国債の発行枠が3月末にも上限に達し、上限の引き上げを議会に求めていることが6日明らかになりました。ガイトナー長官は、上限の引き上げがなければ「アメリカはデフォルトを起こすと警告しています。景気浮揚のための歳出増と財政健全化のバランス、この難しい課題にアメリカが直面しています。

  

[January 06, 2011] No 010325

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ