2分でわかるアメリカ

2010/12/31中国が米国を抜く日


今年も残すところ、あとわずか。今年は中国が世界から注目された元年だったのではないでしょうか。金融危機から2年が経ちましたが、経済が一向に改善しないアメリカは、矛先を中国に向けました。対米黒字が膨らんでいること、人民元のレートが意図的に低く抑えられていること、グーグルへの検閲など。アメリカのメディアは、連日「中国」を報じました。

実は「日本」もアメリカのメディアに頻繁に登場しました。ただし、「失敗例」としてです。FRBの低金利や量的緩和を論じる際、必ず日本の失われた20年が参考例としてあげられます。70年代から 80年代まで急成長した日本が「なぜ沈んだか」を検証、「日本の失敗を繰り返してはならないと何度も比較されました

25年ほど前、僕が記者生活をはじめた頃、欧米のエコノミストの間で「いつ日本がアメリカを抜くか」が熱く語られました。今は「いつ中国が世界一になるか」が論じられています。

ゴールドマン・サックスは8年ほど前、2041年に中国がGDPでアメリカを抜くと予想しました。予想は見直され、中国が世界一の経済大国になるXデーは2027年に繰り上がりました。中国との結びつきが強いスタンダード・チャータード銀行は、Xデーは2020年だとの予想を先月発表しました。

英エコノミスト誌の最新号は、Xデーは2019年と予想しています。中国が年7.75%、そしてアメリカが年2.5%で成長し、インフレ率は中国が4%、アメリカが1.5%を前提としています。そして、人民元が年3%ずつ切り上がっていくというシナリオで計算されたものです。現在中国のGDP、つまり経済規模はアメリカの5分の2ですが、9年で追いつくとの予想です。

ただし、仮に中国がアメリカを追い抜いたとしても、一人当たりのGDPは依然アメリカの方が大きいことには変わりがない思います。日本が予想に反して沈没していったことを考えると、予想が全く外れる可能性も案外高いかもしれません。

[December 30, 2010] No 010320 
 

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.05.26 更新「溶岩の川」、噴火で50%キャンセルメモリアルデーが絡む今週末の連休に、知人がハワイで結婚式をあげます。日本人だけではなく、ハワイで人生の新たな門出を誓うアメリカ人が意外に多い。知人が結婚式の会場…
  • 2018.05.25 更新輸入車25%関税の衝撃トランプ政権は23日、自動車の輸入が安全保障におよぼす影響について調査を開始すると発表しました。予想されていたことですが、それでも世界に衝撃を与えました。アメリ…
  • 2018.05.24 更新微妙な関係、米朝首脳会談と米中貿易協議トランプ大統領は22日、訪米した韓国の文在寅大統領とホワイトハウスで昼食をはさみ2時間にわたり会談しました。北朝鮮の体制維持などで意見を交換したもようです。会談…
  • 2018.05.23 更新「相当な確率でビットコインはゼロに」去年後半から年初にかけて世界を騒がせたビットコイン。一時は2万米ドルまで上昇するとの強気な見方がありましたが、最近では聞きません。低調な取引が続き、8000米ド…
  • 2018.05.22 更新「夜の灯」で景気判断、独裁国はGDP水増し?ワシントンポストに興味深い記事が掲載されました。中国、ロシア、その他の独裁国家がGDPを15〜30%「水増し」していることを衛星写真が強く示唆しているというもの…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ