2分でわかるアメリカ

2010/12/24ヘッジファンドが使う意外な投資ツール


ロンドンに誕生した新しいヘッジファンドが注目を集めています。大きな収益を上げたからではなく、投資判断にツイッターを使うことを決めたからです。

ツイッターは2006年にアメリカで生まれた「つぶやき」サイトです。140文字以内で身の回りの出来事や感想を「つぶやく」というもので、オバマ大統領からスティーブ・ジョブズ、ハリウッドスターまで1億人が「つぶやいて」います。

このソーシャル・ネットワーク・メディアに関し、マンチェスター大学とインディアナ大学が10月に、ユニークな研究レポートを発表しました。「つぶやき」に使われた文字で感情の変化を読み取るというものです。

レポートを発表した研究者は、「つぶやき」分析を株式相場の変化に応用したところ、ダウ指数の動きを87.6%の確率で当てたそうです。これに注目したヘッジファンド、ダーウェント・キャピタルは、ツイッターを株式投資に利用することに決めたのです。来年の2月から2500億ポンドの資金を運用する計画です。

ただ問題は、ツイッターの人気が落ちてきている点です。日本のツイッター利用者は世界で2番目に多く人気が依然高いのですが、アメリカやヨーロッパではフェイスブックの方が人気です。ヘッジファンドの株式運用がうまく行くと、為替でも商品でも応用されるかもしれません。

ところで、明日24日(金)はクリスマスの振替祝日です。日本でクリスマスというと、なぜか「恋人たちの日」というイメージがありますが、欧米ではキリスト教徒が多いため、家族とゆっくり過ごす神聖な日です。クリスマスケーキなどというものは存在せず、家族でゆっくり家庭料理を楽しんだり、ギフトを交換します。

当コラムは明日(24日)お休みいたします。週明け27日(月)に再開します。メリー・クリスマス!

[December 23, 2010] No 010316

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.08.17 更新トランプ氏、ドル高政策に転換?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)米ドル相場をめぐるトランプ大統領の考えは変わったのか。16日…
  • 2018.08.16 更新米トルコ関係は修復不可能?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカ史上で最も異色といえるトランプ大統領。強大な権力を持…
  • 2018.08.15 更新富で人は悪事を働く?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)お金があると人は悪いことをする。ワシントンポストが興味深い記…
  • 2018.08.14 更新トランプ流夏休み※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)日本はお盆。欧米企業でも夏休み中、という人が多いようです。フ…
  • 2018.08.11 更新全米で歴史的アジア旋風※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(6日更新)はこちら(マイページへログイン)ロサンゼルスで、ワーナーブラザーズが8日に公開した映画が話題を…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ