2分でわかるアメリカ

2010/12/10スーパーホットなIPO


グーグルが中国政府承認の上でハッカー攻撃を受けたり、人民元を意図的に低いレートに誘導したり、ノーベル平和賞を批判したり、今年は中国にまつわるニュースや話題がつきませんでした。いずれも、アメリカにとっては苦々しいことばかりでした。しかし、金融の中心地であるウォール街は中国が大好きです。

ニューヨーク証券取引所に昨日8日、2つの中国企業が新規上場しました。ひとつはYOUKU.COM。インターネットでビデオ配信を中国国内に提供する会社で中国版ユーチューブです。初値は、公開価格12ドル80セントを110.9%高い27ドル、終値は161%高でした。今年最も成功したIPOとメディアが騒いでいます。

もう一つはDANGDANG。中国版のアマゾンで、中国国内Eコマースの 40%のシェアを持っています。こちらも初値は53%高、公開価格より86.94%高い株価で初日の取引を終えました。DANGDANGの女性会長はCNBCに生出演、流暢な英語で高い成長に自信を示しました。

YOUKU.COMとDANGDANGをあわせて、今年は30の中国企業がアメリカで新規上場しました。ロイターによりますと、30社の株価は平均で30%高くなっています。映画配給会社、自動車ディーラー、携帯アプリ会社の3つの中国会社が今週IPOを予定していて、勢いはとまりません。

 先にアメリカで上場した中国版グーグルのバイドゥー・ドット・コムは巨大企業に成長しました。YOUKU.COMとDANGDANGの株価はきょう9日も高く推移しています。今後どう動くかは業績次第ですが、これほど上がる株はメッタに登場しないため、アメリカの証券業界にとっては「チュウゴク・サマ・サマ」っていう感じでしょうね。

  [December 09, 2010] No 010306

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ