2分でわかるアメリカ

2018/05/08バフェット流、投資の極意

著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャー・ハサウェイが今年第1四半期(1−3月)にアップル株を大量取得。第3位の大株主になったことが明らかになりました。これを好感して、アップル株は大幅に上昇。バフェット氏は「アップル株を100%保有してもいい」とまで言いました。


バークシャー・ハサウェイの株主総会が開かれるこの時期、バフェット氏の動向がニュースになります。特に、気心が知れたCNBCのアンカー、ベッキー・クイックさんの単独インタビューでの発言が面白い。


インタビューの中でバフェット氏は、iPhoneの最高モデル、iPhone Xを知り合いから贈られたことを明らかにしました。知人は幼児に教えるように使用法を丁寧に教えたそうですが、使っていないそうです。87歳のバフェット氏の琴線に触れなかった。


ちなみに、バフェット氏の盟友である94歳のチャーリー・マンガー副会長もiPhoneを持っていないそうです。


1965年から2017年までのバフェット氏の投資リターンの年平均は20.9%。この間のS&P500の年平均上昇率9.9%を大きく上回りました。CNBCはバフェット氏の最新動向と合わせ、過去の語録を検証。投資成功の3つの「極意」を伝えました。


まず1つ目が「自分が理解できる領域しか投資しない」。2つ目は「完全買収ではなく、企業の一部だけを買う」。最後は「余裕を持って投資する」です。アップル株への投資は1つ目と矛盾しているように思えますが、iPhoneの消費者動向を重視しているのかもしれません。


[May 07, 2018]  No 031843891

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.10.16 更新マーケットが気にするサウジ記者問題※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)サウジアラビア人のジャマル・カショギ記者が今月2日から行方不…
  • 2018.10.13 更新トルコリラとアメリカ人牧師※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)トルコ西部のイズミールの裁判所が12日、拘束中のアメリカ人牧師…
  • 2018.10.12 更新FRB批判、責任逃れか※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの中央銀行であるFRBに対するトランプ大統領の批判が日…
  • 2018.10.11 更新「10月株売り」加速※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)10月に入りニューヨーク株式相場が冴えません。10日の取引で下…
  • 2018.10.10 更新突然だったヘイリー大使の辞任※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)トランプ大統領は9日、ニッキー・ヘイリー国連大使が年末に退任す…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ