2分でわかるアメリカ

2018/04/20トランプ大統領が最も恐れていること

不動産を中心にしたビジネスで巨額の富を築いたトランプ大統領。外交や貿易の動きをみていると、ビジネス交渉のようだと思えることが少なくありません。押したり、引いたり。最終的にどういう成果が得られるかが大事。政策実現のため周辺を忠実な補佐官、閣僚で固め、鉄壁の体制で交渉する。ビジネスで切磋琢磨された経験からリスクを恐れない。

そんなトランプ大統領が恐れていることがあります。ロシア疑惑を捜査するモラー特別検察官。確かに心配だと思いますが、もっと恐れていることがあります。

アメリカ連邦捜査局(FBI)が今月9日、トランプ大統領が個人的に雇っているマイケル・コーエン弁護士のロックフェラー・センターにある事務所と自宅を家宅捜索しました。自宅改装中のため、一時的に滞在していたパークアベニューにあるロウズ・リージェンシー・ホテルの部屋にも入り、大量の書類を押収しました。携帯電話2台も押収、貸金庫も調べられました。

トランプ大統領が激怒、「魔女狩りだ」と批判しました。16日にニューヨークの連邦地裁で開かれた審理では、コーエン氏は自らがまず押収書類を点検すべきだと主張しました。しかし、判事がコーエン氏側の申し立てを退けました。コーエン氏が、ポルノ女優に多額の口止め料を支払ったとされる問題に絡み、銀行詐欺と選挙資金法違反に問われる可能性があるとみられています。

心配でたまらなくなったトランプ大統領が旧知のゴールドバーグ弁護士に相談したそうです。ゴールドバーグ氏は、1990年から2000年にかけてトランプ大統領の離婚や不動産関連の問題に対応したベテラン弁護士です。ウォールストリートジャーナルによりますと、ゴールドバーグ氏は、刑事事件に問われた場合、コーエン氏が大統領を裏切り、捜査に協力するだろうと忠告しました。

コーエン氏は長年にわたりトランプ・ファミリーの問題に関わりました。「フィクサー」と呼ばれ、ファミリーが絡むあらゆる情報を持っています。「絶対に知られたくないことが公になる」。トランプ大統領の頭はそのことでいっぱいかもしれません。

 [April 19, 2018]  No 031843883

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.06.21 更新ダウ平均のオリジナル企業、全除外※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)S&Pダウ指数委員会は19日、ニューヨーク株式マーケットのダ…
  • 2018.06.20 更新米中間選挙のマーケット予想※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)ロシア疑惑、移民をめぐる「不寛容政策」、中国との貿易戦争。ア…
  • 2018.06.19 更新増える米資産バブル論※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちらウォール街関係者は「バブル」という言葉を使うことを可能なかぎり避けています。誰も使い…
  • 2018.06.16 更新ナパワインがメニューから消えたアメリカのトランプ政権の通商政策に世界が動揺しました。トランプ大統領は15日の声明で、技術と知的財産が中国に盗まれることを容認できないとして、中国からの輸入品5…
  • 2018.06.15 更新「カリフォルニア州を3分割」投票へアメリカ西海岸の大部分を占めるカリフォルニア州は、幅広い意味で全米最大の州です。人口は4000万人。アメリカ商務省の最新のデータでは、経済は2兆7470億米ドル…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ