2分でわかるアメリカ

2018/04/07買って、着て、倍で売る

知人の1人がフェラーリを持っています。新車を購入、1年ほど乗ります。その後、購入価格で売って、新しいフェラーリを買います。製造台数が極端に少ないため、人気モデルはプレミア付きで中古車を売ることができます。

価格のスケールが異なりますが、ストリート・ファッションと呼ばれる世界で、信じられないことが起こっています。その中心にあるのが東京の原宿と渋谷です。

ストリート・ファッションとは、大手企業主導ではなく、若者たちの中から自然発生的に生まれたファッションのことです。インスタグラムやユーチューブの存在で、流行が世界に広がります。

世界で最も人気が高いのがSupreme(シュプリーム)と呼ばれるニューヨーク発祥のブランドです。世界中で品薄なのですが、原宿などの古着店で大量に売られています。お店の人に聞くと、在庫品のほとんどは持ち込まれたもの。世界中の若者が新品、中古品を問わず持ち込み、買い取ったものだとそうです。価格は過去2年で倍になったと話しています。

原宿では、ボックスのシュプリームのロゴがついた中古の白いTシャツが12万〜18万円で売られています。フランスの高級ブランド「ルイ・ヴィトン」とのコラボ商品である財布は20万〜30万円。ウィンター・スポーツのノース・フェイスとコラボしたジャケットはオリジナル価格の5倍程度の値札が付いています。

このほか、日本初のA Bathing Ape(アベイジング・エイプ)、アメリカ発祥でイタリア製のOff-White(オフホワイト)などもストリート・ラグジュアリーと呼ばれ、世界の若者の間で絶大の人気になっています。買った後、半年程度着て、購入価格の倍以上で売る独特の経済になっています。インターネット上で瞬時に売れ、流動性が高い。ソーシャルメディア時代に生まれたマーケットだと思います。

ストリート・ファションを求めて世界の若者が原宿や渋谷に集まっています。古着屋も「免税」を全面的に掲げています。1000円のTシャツを着て店を覗いたのですが、冷たい視線が気になりました。

[April 06, 2018]  No 031843875

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.10.18 更新米財務省の為替報告書※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカ財務省が為替報告書を公表する予定。アメリカ東部時間の…
  • 2018.10.17 更新財政赤字、トランプ氏の主張と違った※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)大規模な減税分は高い経済成長で相殺される。トランプ政権が去年…
  • 2018.10.16 更新マーケットが気にするサウジ記者問題※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)サウジアラビア人のジャマル・カショギ記者が今月2日から行方不…
  • 2018.10.13 更新トルコリラとアメリカ人牧師※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)トルコ西部のイズミールの裁判所が12日、拘束中のアメリカ人牧師…
  • 2018.10.12 更新FRB批判、責任逃れか※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの中央銀行であるFRBに対するトランプ大統領の批判が日…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ