2分でわかるアメリカ

2018/03/24ボルトン新補佐官、北朝鮮に厳しそう

アメリカのトランプ大統領が22日、ホワイトハウスで安全保障問題を担当するマクマスター補佐官を更迭。後任としてジョン・ボルトン元国連大使を指名しました。

ボルトン氏は保守強硬派。トランプ大統領が毎日視聴しているとされるフォックスニュースのコメンテーターとして知られています。テレビでの発言や過去の言動から、トランプ大統領と考えを共有していることがわかります。

現在のトランプ政権にとって最も重要な外交・安全保障の課題は北朝鮮問題。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との歴史的な首脳会談を5月に控えているからです。

ボルトン氏は先月、ウォールストリートジャーナルに寄稿し、北朝鮮の核開発はアメリカの脅威であるとして先に攻撃すべきだと主張しました。先制攻撃は完全に正当化されるとしています。

ボルトン氏はまた、オバマ政権時代に核合意したイランについて、イスラエルがイランを爆撃することを容認する考えを示しています。

2016年5月にオバマ前大統領が広島を訪問したことに関しては、「恥ずかしい謝罪だ」とコメントしたこともあります。ボルトン氏はロシアに対しても強硬派です。

ボルトン氏の起用は危険だとの見方が少なくありません。解任されたマクマスター氏も強硬派でしたが、バランスがあり、柔軟な側面がありました。対話重視のティラーソン国務長官が今月末に去り、強硬派のポンペイオ氏が後任につく予定。トランプ政権の外交・安全保障担当で穏健なのはマティス国防長官ひとりになりました。

[March 23, 2018]  No 031843865

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.08.22 更新エルドアン大統領とトランプ大統領の共通点※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(20日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカのトランプ大統領が20日、ロイターのインタビューに応…
  • 2018.08.21 更新「トランプ氏の悪夢が始まる」アメリカのトランプ大統領は19日、ロシアと結託して2016年の大統領選に介入したとされる疑惑、いわゆる「ロシア疑惑」を捜査しているモラー特別検察官の捜査に対し、…
  • 2018.08.18 更新3尺度が示す「円は安すぎる」※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)マクドナルドで売られているビッグマックの価格を比較するBig…
  • 2018.08.17 更新トランプ氏、ドル高政策に転換?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)米ドル相場をめぐるトランプ大統領の考えは変わったのか。16日…
  • 2018.08.16 更新米トルコ関係は修復不可能?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカ史上で最も異色といえるトランプ大統領。強大な権力を持…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ