2分でわかるアメリカ

2010/11/27ブラック・フライデー・フィーバー


先日、このコーナーで感謝祭の翌日の金曜日が1年で最大のセール日であることをお伝えしました。きょう26日がブラック・フライデーです。全米小売協会のまとめでは、この日にショッピングをする人は1億3800万人。日本の人口を超えています。

ブラック・フライデーは年末商戦がスタートする日で、1年で最も安くなる日です。年末商戦、英語ではHoliday Shoppingと言います。なぜクリスマス商戦と言わないかと言いますと、アメリカにはユダヤ人やイスラム教徒、アフリカの宗教を信仰する人など、さまざまな人種が暮らしているため、クリスマスというキリスト教の単語を使わないようにしているのです。ちなみに、クリスマス・カードにも「メリー・クリスマス」とは書かず、「ハッピー・ホリデーズ」と書くのが一般的です。

話は逸れましたが、ブラック・フライデーは年を追うごとにエスカレートしています。どれくらい安いかと言いますと、例えば日本でいうとイオンのようなディスカウント大型店のターゲットでは、40インチのLCDテレビが通常より250ドル安い298ドル。家電大型店のベストバイでは、東芝のブルーレイディスク・プレーヤーが59ドル。アバクロでは、100ドル買うと50ドルのギフトカードが貰えます。

アマゾンなどのオンライン・ショップも大バーゲンセールを実施しています。ネットで買うと日本の消費税にあたるセールス・タックスがかからない上、ほとんどが送料無料なので大人気。アップルのネットストアではアクセスが集中、サイトが繋がりにくくなっています

今年の年末商戦は、ここ数年で最も強いとみられています。アメリカのGDPのおよそ7割は個人消費が占めますので、ブラック・フライデー、そしてクリスマスまでの年末商戦が小売各社だけではなく、アメリカ経済全体にとって大事なのです。  

[November 26, 2010] No 010297

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.08.17 更新トランプ氏、ドル高政策に転換?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)米ドル相場をめぐるトランプ大統領の考えは変わったのか。16日…
  • 2018.08.16 更新米トルコ関係は修復不可能?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカ史上で最も異色といえるトランプ大統領。強大な権力を持…
  • 2018.08.15 更新富で人は悪事を働く?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)お金があると人は悪いことをする。ワシントンポストが興味深い記…
  • 2018.08.14 更新トランプ流夏休み※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)日本はお盆。欧米企業でも夏休み中、という人が多いようです。フ…
  • 2018.08.11 更新全米で歴史的アジア旋風※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(6日更新)はこちら(マイページへログイン)ロサンゼルスで、ワーナーブラザーズが8日に公開した映画が話題を…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ