2分でわかるアメリカ

2018/02/13米朝、平和解決はあるか

韓国の平昌冬季オリンピックの序盤は、北朝鮮が話題を独占しました。選手数の10倍もの人数で編成された応援団を送り、金正恩朝鮮労働党委員長の実の妹である金与正氏を特使として派遣するなど「ほほえみ外交」が強い印象を残しました。金与正氏を「北朝鮮のイバンカ」と呼ぶ専門家も現れました。外交の秘密兵器ということでしょうか。


韓国の文在寅大統領は、金与正氏を含む北朝鮮の代表団と長い時間を共にしました。 訪朝を求める金正恩委員長からの親書に対しては「環境づくりをする」と答えたそうです。北朝鮮の代表団より、文在寅大統領の笑顔の方が個人的に印象に残りました。韓国国内では反発もあるようですが、南北が平和的解決に向け動き出したのではないかとさえ思えました。


訪韓したアメリカのペンス副大統領は慎重でした。噂された北朝鮮の代表団との接触はなく、帰国の途につきました。機内でワシントンポストのインタビューに応じ、北朝鮮の核放棄に向け最大限の圧力を続けることを韓国側と確認したと強調しました。同時に、北朝鮮が対話を望めば応じる用意があるとも述べました。


マティス国防長官は、訪問先のイタリアで、南北の融和ムードが持続するか懐疑的だと述べました。判断するのは時期尚早だとしています。ティラーソン国務長官も訪問先のエジプトで、南北融和の行方を判断するには時間がかかるとの見方を示しました。


スポーツの祭典、オリンピックは独特の環境をつくります。しかし、終わってしまうと、忘れられるのも早い。平昌オリンピックは今月25日まで。パラリンピックは3月9日から18日まで開催されます。トランプ政権は近く北朝鮮に対する新たな制裁を発表する予定。4月には、米韓が合同軍事演習を再開する計画です。過去最大規模の軍事演習になりそう。その前後に北朝鮮がどう動くか。アメリカ政府は注視しています。


 [February 12, 2018]  No 031843837

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.05.21 更新増える円高予想、105円見通しも日本の1−3月期のGDP速報値は実質で前期比0.5%増、年率に換算して2.1%の増加でした。QUICKがまとめた予想中央値は前期比、前年比ともマイナス成長で、サ…
  • 2019.05.18 更新貿易戦争、米消費者心理は大幅改善アメリカの消費者心理の動向を探る上で参考になるデータが2つあります。1つはニューヨークに拠点を置く非営利団体コンファレンスボード(全米産業審議会)が算出する「C…
  • 2019.05.17 更新「トランプ関税」ルーツは日本トランプ大統領の関税への愛は、1980年代の日本ブームに始まった。ニューヨークタイムズが興味深い記事を掲載しました。それによりますと、トランプ氏は1988年、名…
  • 2019.05.16 更新自動車関税延期、株価対策?アメリカ東部時間の朝。「トランプ大統領が自動車の追加関税を発動するかの判断を6カ月延期」とCNBCをはじめ複数のメディアが一斉に報じました。いずれも複数の関係者…
  • 2019.05.15 更新「FRB利下げで貿易戦争に勝利」ウォール街の知人によると、債券市場が株式市場に先行して動くそうです。30年を越すキャリアから学んだと話しています。特に、政治で相場が動く局面ではその傾向が強いと…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ