2分でわかるアメリカ

2018/02/10どこまで?NYダウの最悪シナリオ

ニューヨーク株式マーケットが世界の注目を集めています。「トランプラリー」が突然崩れ、今週のパフォーマンスは9年ぶりの弱さ。アメリカを代表する30社で構成される株価指数ダウは、高値から約10%下がりました。調整領域入り。理論的には、高値から19%下がる可能性があり、それを超えるとベア(弱気)相場に入ることになります。

ダウはどこまで下がるのか。マーケットウォッチが著名な投資家の見方をまとめました。

もっとも悲観的なのはジム・ロジャース氏。1970年代にジョージ・ソロス氏とクォンタムファンドを運用した伝説の投資家です。債務がいたるところで膨らんでいて、2007年と2008年の54%安を上回ると考えているとコメントしました。ただ、タイミングはわからないとしています。ダウが高値の半値以下になるという超悲観的な見方。

ベア相場入りする20%安まではいかないとの予想がやや多いです。

バンクレート・ドットコムのアナリストは、15%下がるというは異常なことではないとみています。つまり、現在の水準からあと5%程度下がる可能性があると予想しています。エクセンシャル・ウェルス・アドバイザーズの投資責任者は、最悪シナリオの場合も高値から15〜18%安を想定しています。

チャート分析ではどうか。キプリンガーの投資エディターは、200日移動平均を超えて下がることが最悪シナリオだとコメントしました。ダウ1万8899にチャート上の強い下値支持線があるとしています。

1929年から1930年代にかけての大恐慌時代のダウの下落率は90%でした。ロジャース氏が指摘した2007年からの金融危機の際は54%安。歴史的にみると、ダウの下げはまだ限定的と言えます。今週の急落を「健全な調整」とみる投資家がいる一方、一段安予想も少なくありません。見通しが分かれていますが、不安定な展開が当面続くとの見方では一致しています。

[February 09, 2018]  No 031843836



※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.04.20 更新ビバリーヒルズ90210に住む、いくら必要アメリカ人の一部の間で「50/30/20ルール」という指針があるそうです。手取り収入の50%は必要経費。住宅ローンや家賃、食料品、ガソリンや公共料金、保険など生…
  • 2019.04.19 更新外為は通常で株は休場、わかりづらい祝日祝日は祝日。日本人なら誰でもそう思います。アメリカは違う。連邦政府が祝日に指定しているのに、地域によって休みにならないことがあります。逆に、連邦祝日ではないのに…
  • 2019.04.18 更新アメリカが報じない日米交渉日米両政府が15日と16日の2日間に渡ったワシントンでの閣僚級の貿易協議を終えました。農産物と自動車を含む物品貿易の議論を先行、データ貿易も交渉に含めることで一…
  • 2019.04.17 更新勝てるかも、米大統領候補の新星2016年11月の大統領選でトランプ大統領が大方の予想に反して勝利したのは、アメリカ人が「変化」を求めていたからではないか。個人的にそう思います。当時、民主党の…
  • 2019.04.16 更新中央銀行の独立性が危ない「トルコの中央銀行は完全に独立する必要がある」ギリシャ、ポルトガル、アイスランド、そしてウクライナへの金融支援で中心的な役割を担った国際通貨基金(IMF)のヨー…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ