2分でわかるアメリカ

2018/01/27トランプ大統領、通貨とTPPの本音

「外遊中は非常にマナーがいい」、世界経済フォーラム(ダボス会議)に参加したトランプ大統領について、CNBCのアンカーがこう表現しました。アメリカ国内では暴言を繰り返すものの、一旦海外に出ると紳士的な振る舞いをする。初の外遊となった中東訪問の際もそうだった。ダボス会議でも紳士的な面をみせたと。

保護主義を強めるのではないか。アメリカの現職の大統領として18年ぶりにダボス会議を訪れたトランプ大統領に警戒感が広がりました。しかし、演説やメディアとのインタビューでは、不公正な貿易を警告したものの、条件が良ければTPPへ復帰することを示唆するなど柔軟な姿勢を示しました。チャーミングな笑顔が印象的。トランプ大統領のファンになった世界の企業経営者が増えたのではないかと想像します。

アメリカ国内では、ロシア疑惑が大きなニュースになっています。ニューヨークタイムズは25日、トランプ大統領が、ロシア疑惑を捜査するモラー特別検察官を解任しようとしていたと報じました。関係筋4人の話として伝えたもので、ホワイトハウスの法律顧問が強く反対したため、実行しなかったとしています。

トランプ大統領は報道を否定しました。それだけではなく、モラー特別検察官の聴取を受ける意向も示しました。聴取では、2016年の大統領選でロシアと結託したか、司法妨害の有無が焦点になると予想されます。

トランプ大統領は、就任1年目で大型減税の公約を実現しました。ただ、支持率は過去最低水準、11月の中間選挙で苦戦が予想されています。ロシア疑惑で潔白である印象を有権者に与えたい。海外の同盟国との摩擦は最小限に抑えたい。内憂外患のトランプ大統領はそう考えているようにみえます。ただ、ロシア疑惑の捜査をやめさせたい。アメリカに圧倒的に有利な条件でなければ多国間協定を結びたくない。そして、貿易を促進するため米ドル安にしたいというのが本音ではないか。ぶれる言動や側近とのズレからそう思えます。

[January 26, 2018]  No 031843826

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.02.22 更新米住宅失速、弱い経済指標相次ぐ失業率が歴史的に低水準にあるものの、直近の最低値から30ベーシスポイント(0.3%)上がり、アメリカ経済が景気後退に向かう可能性が指摘されていると前日のコラムで…
  • 2019.02.21 更新「米リセッションの指標」に黄色信号世界的に景気減速の兆しがあるが、アメリカ経済は堅調。ウォール街、政府がそう認識しているほか、一般的にも「景気が悪くない」と考えられています。ただ、アメリカで生活…
  • 2019.02.20 更新16州がトランプ氏提訴、勝算は「トランプ大統領がメキシコ国境に壁を建設するため国家非常事態を宣言したことは憲法違反だ」。16の州が18日、トランプ大統領を相手にサンフランシスコ連邦地裁に提訴…
  • 2019.02.16 更新トランプ非常事態宣言、次に起こることアメリカのトランプ大統領が15日、ホワイトハウスで記者会見し、メキシコとの国境に壁を建設するため、非常事態を宣言しました。壁があれば、麻薬ディーラーやギャングの…
  • 2019.02.15 更新アメリカが買わないA380ANAがエアバスA380の就航に合わせてハワイ便を刷新する計画です。ハワイ路線で初めてファーストクラスを導入、5月24日に成田ホノルル便が就航します。8席しかな…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ