2分でわかるアメリカ

2018/01/25ホワイトハウスの大移動

スイスのダボスで開幕した世界経済フォーラム年次総会にトランプ大統領が出席します。アメリカの現職の大統領がダボス会議に出席するのは2000年のビル・クリントン大統領(当時)以来初めてです。


アメリカの代表団は近年のダボス会議で最大規模。代表団の規模の大きさがニュースになるほどです。


具体的には、ケリー大統領首席補佐官、国家安全保障問題担当のマクマスター補佐官、国家経済会議のコーン委員長、娘婿のクシュナー補佐官らホワイトハウスの高官のほか、ティラーソン国務長官、ムニューシン財務長官、ロス商務長官、ライトハイザー通商代表、アコスタ労働長官、チャオ運輸長官、ニールセン国土安全保障長官ら閣僚10人が随行します。ホワイトハウスが大移動したと言えます。


アメリカ第一主義を掲げるトランプ大統領は、自身の経済政策をアピールする方針です。広く保護主義といわれる政策。多数の政府幹部を随行するのは、自らの発言やニュアンスを細かく説明できると考えたからだとみられます。


出発に先立ち国家経済会議のコーン委員長がホワイトハウスで記者会見しました。ダボスで各国首脳や企業経営者らと会い、貿易、国境の安全、サイバーセキュリティなどを議論すると説明。アメリカに投資するよう世界に訴えたいとしています。異例に長い会見でした。


ダボスがあるスイスの空の玄関口であるチューリッヒでは、1000人規模の抗議集会が開かれました。反トランプ集会です。ドイツのメルケル首相やフランスのマクロン大統領は、アメリカの保護主義に懸念を表明するとみられます。


トランプ政権の貿易政策を材料に米ドル相場が動きました。トランプ大統領や側近のダボスでの発言が相場に引き続き影響しそうです。現地時間25日夜にトランプ大統領の演説が予定されています。


[January 24, 2018]  No 031843824

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.04.25 更新日本であまり報じられない問題日本のメディアがほとんど報じないのに、海外では大きく伝えられる。日本国内とは全く別の視点で報じられる。日本の役所が絡む問題、日本にネガティブな問題はこれらの傾向…
  • 2019.04.24 更新ソフトバンク孫氏、個人投資で大損社会現象と言えるほど騒がれたビットコイン。インターネット上の仮想通貨です。中国でのブームが去った後、日本の個人投資家が積極的に買ったとされています。2017年1…
  • 2019.04.23 更新不動産低迷、シドニー、ロンドン、ニューヨークオーストラリアの住宅価格の下落が顕著です。西端のパースはピークから18%下落。最大都市シドニーは14%ダウン。メルボルンの住宅価格は10%下げました。供給過剰、…
  • 2019.04.20 更新ビバリーヒルズ90210に住む、いくら必要アメリカ人の一部の間で「50/30/20ルール」という指針があるそうです。手取り収入の50%は必要経費。住宅ローンや家賃、食料品、ガソリンや公共料金、保険など生…
  • 2019.04.19 更新外為は通常で株は休場、わかりづらい祝日祝日は祝日。日本人なら誰でもそう思います。アメリカは違う。連邦政府が祝日に指定しているのに、地域によって休みにならないことがあります。逆に、連邦祝日ではないのに…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ