2分でわかるアメリカ

2010/11/13コリア・アズ・ナンバーワン


ロサンゼルスの南側にトーランスという地区があります。トヨタの北米本社をはじめ日本企業が多く拠点を置いていて、日本人の住人が多いことからジャパニーズ・タウンとして知られています。この街に最近、2つのスパが開店しました。

一つは岩盤浴が「売り」の日本人経営のスパ。限られたスペースのスパです。もう一つは韓国人が経営するスパ。チムジルバン(健康ランド)と呼ばれるスパで、サイズは日本人経営のスパの10倍以上。しかも高級感溢れる内装です。正面にはオーナーのものと思われるベントレーとポルシェがいつも駐車してあります。スケールがあまりにも対照的です。韓国人が経営するスパの利用者は、ジャパニーズ・タウンという立地にもかかわらず90%は韓国人。2階の巨大スペースでは韓国の3つの放送局のドラマやKポップの番組が流れています。

Kポップと言えば、先日東京の大手テレビ制作会社の役員と話をしていたら、韓国の放送局向けにKポップの番組を制作していると話していました。日本が指導するというより、仕事をわけてもらったという感じです。韓国のテレビ番組や映画、音楽といったコンテンツはアジア全域で飛ぶように売れています。サムスンなどのスポンサー付きで売っているからです。かつては日本のドラマやアイドルがアジアで人気でしたが、いまでは韓国スターがアジアのハリウッドスターです。

以前コラムで書きましたが、アメリカの家電のトップブランドはサムスンです。日本以外のアジア、ヨーロッパ、ラテンアメリカでも同様です。日系の旅行代理店は大韓航空の利用を推しています。安いからではなく、快適だからです。韓国の現代の先月の販売台数は去年より38%増えました。どのメーカーよりも高い伸び率です。品質や顧客満足度の調査では日本車より高い結果が何度も出ていて、シェアが増えています。

フランスの著名なエコノミストであるジャック・アタリ氏が2006年に書いた「21世紀の歴史」は、金融危機を予言したことで注目を集めました。ジャック・アタリ氏は本の中で、2025年には韓国の一人当たりのGDPが2倍になりいずれ韓国が世界の中心になると予言しています。

社会学者エズラ・ヴォーゲルが1979年に出した「ジャパン・アズ・ナンバーワン」は70万部を超えるベストセラーになりました。あれから31年。状況は大きく変わりました。僕は韓国に対してバイアスはないのですが、世界の中での日本のかつての地位が韓国に移りつつあることを感じます。日本の皆さん、負けないで頑張りましょう。  

[November 12, 2010] No 010288

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.08.21 更新「トランプ氏の悪夢が始まる」アメリカのトランプ大統領は19日、ロシアと結託して2016年の大統領選に介入したとされる疑惑、いわゆる「ロシア疑惑」を捜査しているモラー特別検察官の捜査に対し、…
  • 2018.08.18 更新3尺度が示す「円は安すぎる」※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)マクドナルドで売られているビッグマックの価格を比較するBig…
  • 2018.08.17 更新トランプ氏、ドル高政策に転換?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)米ドル相場をめぐるトランプ大統領の考えは変わったのか。16日…
  • 2018.08.16 更新米トルコ関係は修復不可能?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカ史上で最も異色といえるトランプ大統領。強大な権力を持…
  • 2018.08.15 更新富で人は悪事を働く?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)お金があると人は悪いことをする。ワシントンポストが興味深い記…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ