2分でわかるアメリカ

2017/10/27パスポート世界最強は? 日本に負けたアメリカ

アートン・キャピタルの世界のパスポート指数。インターネット上でリアルタイムのランキングを表示しています。ビザ(査証)無しでどれだけ多くの国を訪問できるかで順位が決まります。


シンガポールが初めて単独トップに躍り出ました。これまでドイツと同率首位でしたが、南米パラグアイがシンガポール人のビザ無し渡航を認めたことで単独トップに。シンガポールのパスポートがあれば、アメリカ人にとってビザが必要な中国、キューバ、ブラジルへビザ無しで渡航できます。


ドイツが単独2位。3位にはスウェーデンが入りました。意外ですが、韓国も同率で3位でした。日本は4位グループ。イギリス、フランス、イタリアなどヨーロッパ7カ国と同率でした。5位グループには、オランダなどヨーロッパの6カ国。歴史的に、ヨーロッパのパスポートは強いとされています。


アメリカは、カナダ、アイルランド、マレーシアと並んで6位でした。トランプ大統領が就任して以降、「確実に?」順位を下げています。在イスタンブール領事館のトルコ人職員が逮捕されたことをきっかけに、アメリカとトルコは互いにビザの発給を停止しました。その影響で、アメリカは6位に順位を下げました。


ランキング最下位はアフガニスタンのパスポート。北朝鮮はリビアと並び下から8番目でした。


アートン・キャピタルのリストは、人気ランキングではありません。節税目的の一部の富裕層を除けば、シンガポールのパスポートを取得したいと考える人がアジア以外の国で多いとは思えません。アメリカは人気ランキングでは依然として世界トップ水準だと想像しますが、異色の大統領の登場でそれも変わるのではないかと思います。個人的意見です。


 
[October 26, 2017]  No 031843765

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ