2分でわかるアメリカ

2017/10/05政治の隙間と北朝鮮問題

韓国の国家安全保障室長は先月末、10月10日の朝鮮労働党創建記念日や18日の中国共産党大会開幕の前後に、北朝鮮が新たな軍事挑発に動くことが予想されると述べました。ほぼ同じタイミングで、韓国のメディアは、北朝鮮が平壌郊外の施設から複数の弾道ミサイルを搬出したと報じました。韓国は10月9日まで大型連休です。


「言葉の戦争」を北朝鮮と繰り広げるアメリカのトランプ大統領と、ティラーソン国務長官の不仲説がニュースになっています。NBCによると、ティラーソン国務長官は7月下旬に、トランプ大統領を「moron(まぬけ)」と公然と批判、辞任しようとしました。ティラーソン長官自身は否定しましたが、「火のないところに煙は立たぬ」とみられています。


アメリカ社会の関心は、プエルトリコのハリケーン被害とラスベガスの無差別大量殺人事件および銃規制に集まっています。議会は、税制改革という重い課題も抱えています。政治が社会の関心を優先する傾向があるので、北朝鮮問題への取り組みは後退こそしないものの、対応をめぐる議論は止まっているようにみえます。


一方、日本では衆院解散選挙が予想以上の混戦となり、事実上の政治空白になっています。中国は5年に1度の共産党大会の準備で忙しいようです。


大型連休の韓国、政権内の不調和を抱えると同時に国内問題が山積みのアメリカ、選挙で頭がいっぱいの日本、そして重要イベントを控えた中国。北朝鮮の脅威が高まっているとされるのに、いずれの関係国も北朝鮮問題をめぐる政治体制が手薄になっています。偶然とはいえ、政治の隙間が広がっているようにも思えます。北朝鮮が、現在の環境をどう分析しているのか気になります。


 [October 04, 2017]  No 031843750

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.11.17 更新米ドル相場を押し下げた発言16日のニューヨーク外国為替マーケットで、米ドルの対円相場が113円台半ばから112円60銭台に急激に下落する局面がありました。アメリカの中央銀行にあたるクラリ…
  • 2018.11.16 更新FRB利上げ、打ち止め近い?11月に入り上昇基調にあった米10年債の利回りが低下傾向にあります。今週に入りずっと。米2年債、米30年債の利回りも同様です。背景には、FRBの利上げが予想より…
  • 2018.11.15 更新脚光浴びた2人のファーストレディ先週末からきょうまで、オバマ前大統領のミシェル夫人がアメリカの主要メディアに頻繁に登場しています。ミシェル夫人の回想録「BECOMING」が13日に発売されまし…
  • 2018.11.14 更新「米株の大底まだ」、米ドル高も影響?ダウが602米ドル安、ナスダックが急落した12日のニューヨーク株式マーケット。一夜明けた13日の取引では、高く始まったものの上値が重く、終盤に下げに転じました。…
  • 2018.11.13 更新株安は民主党のせい?12日は「ベテランズデー(退役軍人の日)」でアメリカの連邦祝日です。郵便配達を含め政府関係機関はサービスがなく、銀行も休業。しかし、ほとんどの学校で授業があり、…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ