2分でわかるアメリカ

2017/10/03ラスベガス銃乱射事件

アメリカ・ネバダ州のラスベガスで1日夜に銃乱射事件が発生。少なくとも58人が死亡、515人がけがをしました。けが人のうち100人近くが重傷とされ、死亡者数がさらに増えることが予想されています。


銃を乱射したのはネバダ州に住むスティーブン・パドック容疑者(64)。ラスベガス中心部のはずれにあるマンダレイベイ・ホテルの32階の客室から通りを隔てた屋外イベント会場に向け乱射しました。カントリーミュージックのスターが参加したコンサートが開かれていて、2万人以上が会場にいました。警察が部屋に突入したのは、パドック容疑者が自殺した後でした。


容疑者の父親は銀行強盗容疑で過去に指名手配されていたと伝えられましたが、国際的なテロ組織との関係はないとみられ「ローンウルフ(単独犯)」の犯行とみて警察が犯行動機などを調べています。


トランプ大統領は2日午前、国民向けにテレビ演説し、被害者に弔意を示すと同時に「悪魔の仕業だ」として残酷なテロ行為を非難しました。いつになく悲しみに満ちた演説でした。3日に現地を訪れる予定です。ホワイトハウスではこの日、職員全員による黙祷が捧げられました。


ラスベガスの事件は、死者数でアメリカ史上最悪の乱射事件となりました。ニューヨーク株式相場が崩れることはありませんでしたが、カジノ株は売られました。2日の取引で、事件の舞台となったマンダレイベイを傘下に持つMGMリゾーツの株価は急落、5.5%下げました。ウィン・リゾーツやシーザー・エンターテインメントも下落しました。コンサートなどを企画するライブネーションも大幅安でした。


銃乱射事件が起こるたびに銃を製造しているメーカーの株価が上がるのですが、今回もパターンを繰り返しました。銃器メーカーのスターム・ルガーやスミス&ウェッソンの株価が大幅に上昇しました。


米国には、有事に備えて銃で身を守る必要があると考える人が多くいます。事件によって銃の購入に対する規制が厳格化される可能性があり、駆け込み需要が高まるということが、乱射事件後に銃器メーカーの株価が上がる背景とされています。


実際に民主党は、ラスベガスの事件を受けて銃規制を厳格化すべきだと主張しました。ただ、銃規制の機運が高まる可能性は低そうです。銃器メーカーが積極的にロビー活動をしており、与党の共和党が銃規制に慎重だからです。


先進国の中で、アメリカほど銃を簡単に買える国はありません。アメリカの深刻な社会問題だと事件が起こるたびに感じます。


 
 [October 02, 2017]  No 031843748

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.05.24 更新微妙な関係、米朝首脳会談と米中貿易協議トランプ大統領は22日、訪米した韓国の文在寅大統領とホワイトハウスで昼食をはさみ2時間にわたり会談しました。北朝鮮の体制維持などで意見を交換したもようです。会談…
  • 2018.05.23 更新「相当な確率でビットコインはゼロに」去年後半から年初にかけて世界を騒がせたビットコイン。一時は2万米ドルまで上昇するとの強気な見方がありましたが、最近では聞きません。低調な取引が続き、8000米ド…
  • 2018.05.22 更新「夜の灯」で景気判断、独裁国はGDP水増し?ワシントンポストに興味深い記事が掲載されました。中国、ロシア、その他の独裁国家がGDPを15〜30%「水増し」していることを衛星写真が強く示唆しているというもの…
  • 2018.05.19 更新米朝対話の鍵にぎる「謎の銀髪男」黄色信号が点滅した米朝首脳会談。トランプ大統領は17日、北朝鮮が対話に応じなければ最大限の圧力を維持すると警告しました。一方で、金正恩朝鮮労働党委員長が非核化に…
  • 2018.05.18 更新アメリカは好景気?それとも悪い?アマゾンが買収したホールフーズ・マーケット。オーガニックや自然食品で知られる高級スーパーですが、16日からアマゾン有料会員は一部の商品が10%オフになりました。…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ