2分でわかるアメリカ

2010/11/09増えるハイパーインフレ説


近所のドラッグストアでレジ待ちの行列に並んでいると、後ろの中年のカップルが「政府がお金を刷りまくって心配」という話をしていました。先週末のコラムに書きましたが、不況下で物価が上がるスタグフレーションの現象が僕の周辺で起きています。FRBが総額6000億ドルの追加金融緩和第2弾を決めましたが、カネ余りが極端なインフレ、つまりハイパーインフレという副作用を招くという主張が増えています。

ハイパーインフレを巡る議論の背景は、先週のFOMC以降、ドルが売られる反面、金、銀、銅といった貴金属をはじめとする商品相場の上昇率が一段高くなっていることです。株式相場・債券相場も上昇傾向にあります。

著名なエコノミストであるエド・ヤルデニ氏は、経済チャンネルのCNBCのインタビューに対し「追加金融緩和は悪い方法で債券商品のバブルを招く確率を高める」と主張しています。ラジオのトーク番組はきのう、「ハイパーインフレにどう対応するか」というテーマを取り上げていました。

また、ウォール・ストリート・ジャーナルの週末版は「70年前に金融危機リスクを主張した男」として、メルチオ・パリイというエコノミストの話を紹介しています。パリイ氏は、ドイツで1920年代に起こったハイパーインフレに対応したドイツの中央銀行のアドバイザーで、ヒトラーが政権についた直後にアメリカに渡りました。パリイ氏は量的緩和が債券バブルとインフレを招くと一貫して主張しました。

エコノミストやメディアだけではなく、外国政府もアメリカの追加緩和の副作用を警戒しています。ドイツ、ブラジル、中国、そして南アフリカの政府関係者が「追加緩和がドルの価値を押し下げ投資マネーが新興国や商品市場に大量に流れ込む」として、今週後半にソウルで開かれるG20首脳会議で、アメリカの対応を全面的に批判する構えです。ロイターは「G20がG19+1になったようだ」と追加緩和への批判がいかに幅広いかを表現しています。

週明け8日のマーケットは、ヨーロッパの債務危機への懸念というアメリカ以外の理由で、ドルが買い戻され、商品相場がやや軟調に推移していますが、ドル以外の商品が高くなるというトレンドは変わらないとマーケット関係者は予想しています。ハイパーインフレやスタグフレーションが起こるかは時間が経たないとわかりません。ただ、内外から批判が相次いでいることで、FRB内で副作用についてより活発に議論される可能性があります。  

[November 08, 2010] No 010284

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.11.14 更新「米株の大底まだ」、米ドル高も影響?ダウが602米ドル安、ナスダックが急落した12日のニューヨーク株式マーケット。一夜明けた13日の取引では、高く始まったものの上値が重く、終盤に下げに転じました。…
  • 2018.11.13 更新株安は民主党のせい?12日は「ベテランズデー(退役軍人の日)」でアメリカの連邦祝日です。郵便配達を含め政府関係機関はサービスがなく、銀行も休業。しかし、ほとんどの学校で授業があり、…
  • 2018.11.10 更新もう1つの大惨事、悲劇の街にカリフォルニア州サウザンドオークスは、ロサンゼルスからクルマで北西方向45分ほどの距離にある静かな住宅街。日本人観光客に人気があるカマリロ・アウトレット・モール…
  • 2018.11.09 更新投資家の関心はFRBへトランプ政策の「国民投票」とも言える中間選挙の結果に対する市場の反応はほぼ出揃いました。米ドルは「中立」、株式相場は「ややポジティブ」に反応しました。「サプライ…
  • 2018.11.08 更新ねじれ議会でどうなるトランプ大統領の政策をめぐる「国民投票」とされたアメリカの中間選挙が終わりました。下院は民主党が大幅に議席を伸ばし、過半数を奪還しました。一方、上院は共和党が過…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ