2分でわかるアメリカ

2017/08/17現役とは対照的、前大統領のツイートがすごい

アメリカ東南部のバージニア州のシャーロットビルで週末に起きた白人至上主義の団体と反対派の衝突がアメリカを揺るがしています。トランプ大統領が「双方が悪い」と主張したことで火に油を注いだ形となり、ソーシャルメディアでトランプ批判が炎上しました。

対照的に、オバマ前大統領の好感度が急上昇しています。シャーロットビルの事件が発生した12日に、ツイッターに3本の投稿をしましたが、最初のツイートの「likes(いいね)」が16日までに360万を超え、過去最高を更新しました。http://bit.ly/19RgHA0

「肌の色、バックグランウンド、宗教などを理由に、他人を憎んで生まれてくる人はいない」とコメント。南アフリカの故マンデラ大統領の自伝から引用したものです。黒人の赤ちゃん、金髪の男の子、アジア系の子供を窓越しに見る自分の写真を添付しました。

それまでの「いいね」の世界記録保持者はアメリカの歌手アリアナ・グランデさんでした。イギリスのマンチェスターのコンサート会場で発生した爆弾テロで22人が死亡、事件で心を痛めたグランデさんのツイートが共感を呼びました。「いいね」件数が270万に達しました。

トランプ大統領のツイッター好きは有名。ニュースのネタにされるなど反響は大きいものの、「いいね」は伸びません。オバマ前大統領とほぼ同じタイミングで「憎み合いをやめ、アメリカ人は一つになるべきだ」とツイートしましたが、「いいね」は19万件にとどまっています。オバマ前大統領の19分の1。現役なのに。

ギャラップが実施した最新の世論調査では、トランプ大統領の支持率が34%に低下しました。「支持しない」は61%に増えました。オバマ前大統領についての質問はありませんでしたが、質問に含まれていたら対照的な結果になると想像します。


 [August 16, 2017]  No 031843716

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.04.25 更新日本であまり報じられない問題日本のメディアがほとんど報じないのに、海外では大きく伝えられる。日本国内とは全く別の視点で報じられる。日本の役所が絡む問題、日本にネガティブな問題はこれらの傾向…
  • 2019.04.24 更新ソフトバンク孫氏、個人投資で大損社会現象と言えるほど騒がれたビットコイン。インターネット上の仮想通貨です。中国でのブームが去った後、日本の個人投資家が積極的に買ったとされています。2017年1…
  • 2019.04.23 更新不動産低迷、シドニー、ロンドン、ニューヨークオーストラリアの住宅価格の下落が顕著です。西端のパースはピークから18%下落。最大都市シドニーは14%ダウン。メルボルンの住宅価格は10%下げました。供給過剰、…
  • 2019.04.20 更新ビバリーヒルズ90210に住む、いくら必要アメリカ人の一部の間で「50/30/20ルール」という指針があるそうです。手取り収入の50%は必要経費。住宅ローンや家賃、食料品、ガソリンや公共料金、保険など生…
  • 2019.04.19 更新外為は通常で株は休場、わかりづらい祝日祝日は祝日。日本人なら誰でもそう思います。アメリカは違う。連邦政府が祝日に指定しているのに、地域によって休みにならないことがあります。逆に、連邦祝日ではないのに…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ