2分でわかるアメリカ

2017/08/10突然脚光あびたグアム

北朝鮮の国営通信が9日、中距離弾道ミサイルをグアムに向けて発射する作戦を真剣に検討していると伝えました。アメリカのトランプ大統領が「世界が見たこともない炎と怒りに見舞われることになる」と北朝鮮を威嚇した数時間後のことでした。激しい応酬。米朝が一線を超えました。

突然脚光を浴びたグアムはアメリカの領土です。グアムと聞いて、日本人は「観光地」をイメージすると思いますが、ほとんどのアメリカ人は名前すら聞いたことがありません。ただ、グアムはアメリカにとって重要な軍の拠点です。

グアムには約16万人のアメリカ人が住んでいます。海軍と空軍の主要な基地があり、原子力空母の母港でもあります。住民の多くは軍関係者とその家族。知名度はありませんが、アメリカにとってグアムは観光地ではなく、日本海周辺や東南アジア、そして朝鮮半島をにらんだ軍の重要拠点と言えます。

グアムのカルヴォ知事はアメリカの主要メディアに対し、「国土安全保障省と軍司令官と話し、直近の脅威がないことを確認した」と述べました。また、グアムが下院に派遣しているボーダロ代表は「防衛能力を信じていて、グアムは安全だ」と語りました。

ただ、住民は北朝鮮の脅威に怯えています。北朝鮮のミサイルが、南東方向に約3200キロ離れたグアムに到達する能力をすでに有していると軍事専門家は考えています。

アメリカ国内では、北朝鮮が本当にグアムを攻撃する可能性は低いと考えられています。だた、アメリカの北朝鮮に対する警戒度が大幅に上がったことは事実です。

 [August 09, 2017]  No 031843711

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.10.17 更新財政赤字、トランプ氏の主張と違った※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)大規模な減税分は高い経済成長で相殺される。トランプ政権が去年…
  • 2018.10.16 更新マーケットが気にするサウジ記者問題※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)サウジアラビア人のジャマル・カショギ記者が今月2日から行方不…
  • 2018.10.13 更新トルコリラとアメリカ人牧師※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)トルコ西部のイズミールの裁判所が12日、拘束中のアメリカ人牧師…
  • 2018.10.12 更新FRB批判、責任逃れか※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの中央銀行であるFRBに対するトランプ大統領の批判が日…
  • 2018.10.11 更新「10月株売り」加速※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)10月に入りニューヨーク株式相場が冴えません。10日の取引で下…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ