2分でわかるアメリカ

2017/08/01ロシア報復、予想ほど打撃少ない?

ロシアには4つのアメリカ政府の施設があります。モスクワのアメリカ大使館、そしてサンクトペテルブルク、エカテリンブルク、そしてウラジオストクにあるアメリカ領事館です。合わせて約1200人の外交官、職員がいます。

ロシアのプーチン大統領は7月30日、国営のチャンネル1のインタビューで、ロシアにいるアメリカの外交スタッフを755人減らすよう求めました。これに先立ちロシア外務省は28日、現地職員を含むアメリカの外交スタッフを9月1日までに455人に減らすよう要請しました。アメリカに滞在するロシアの外交スタッフと同じ数にするということです。

アメリカの上下両院は先週、ロシアに対する制裁を強化する法案を圧倒的多数で可決しました。アメリカの外交スタッフの削減要求は、これに対抗するもの。いわゆる報復措置です。

冷戦下の1986年以来の過激な報復だ、1917年のロシア革命後以来の強硬姿勢だ、などと報じられました。しかし、時間が経つにつれ、アメリカの外交活動への打撃はほとんどないとの見方が広がりました。

なぜか。ロシアにいるアメリカ人外交官は300人程度しかいないからです。ワシントン・ポストによりますと、2013年時点で在ロ大使館と領事館の外交スタッフは1279人。そのうち、アメリカ政府が直接雇用したアメリカ人外交官は301人しかいません。残りは、国防省や農務省など35のアメリカ政府機関が雇った現地スタッフです。現地スタッフのほとんどはロシア人とみられます。

つまり、アメリカ政府が、ビザ(査証)発給や通訳に関わっているロシア人スタッフを解雇すればロシア政府の要求を満たすことができるというわけです。ビザ発給に時間がかかるなどの影響が予想されますが、アメリカにとっては痛みが少ないものになります。

ただ、ロシア疑惑もあり、トランプ政権の対ロ問題は複雑です。ティラーソン国務長官が事実上更迭されるとの噂もあります。さらに、トランプ大統領が10日前に就任したばかりのスカラムッチ広報部長を解任したとホワイトハウスが発表しました。トランプ政権の混迷は続きそうです。


 [July 31, 2017]  No 031843704

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.06.23 更新「トランプ関税」、NYダウ狙われる?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカのトランプ大統領は22日、EUから輸入される自動車に…
  • 2018.06.22 更新米中の報復関税、最初の兆候※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)トランプ大統領の言動がきっかけで、貿易をめぐる米中関係が貿易…
  • 2018.06.21 更新ダウ平均のオリジナル企業、全除外※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)S&Pダウ指数委員会は19日、ニューヨーク株式マーケットのダ…
  • 2018.06.20 更新米中間選挙のマーケット予想※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)ロシア疑惑、移民をめぐる「不寛容政策」、中国との貿易戦争。ア…
  • 2018.06.19 更新増える米資産バブル論※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちらウォール街関係者は「バブル」という言葉を使うことを可能なかぎり避けています。誰も使い…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ