2分でわかるアメリカ

2017/06/10「バフェット投資戦略」の危機

ウォール街で「バリュー投資戦略」を疑問視する投資家が増えています。ゴールドマン・サックスのアナリストが書いた「The Death of Value」をCNBCやブルームバーグなどが詳しく伝え、話題を集めました。

2014年3月18日付のフィナンシャル・タイムズによりますと、バリュー投資には2つの源流があります。1つはコロンビア大学ビジネススクールのベンジャミン・グレアム教授が大恐慌時代に書いた「証券分析」。企業を本来の価値より安く買える場合、値下がりリスクが抑えられるというもの。2つ目は、2013年ノーベル経済学賞を受賞したユージン・ファーマ氏とケネス・フレンチ氏による理論。株価純資産倍率(PBR)が低い銘柄のパフォーマンスが、長期的に他の株式を上回るというもの。

いずれも学術界の理論ですが、バリュー投資を実践し、人気の戦略にしたのは著名投資家のウォーレン・バフェット氏です。バフェット氏が率いるバークシャー・ハザウェイは、一貫したバリュー投資戦略で成功しました。バリュー投資の重要性を繰り返し主張しています。

ゴールドマン・サックスのアナリストは、1940年から2007年まではバリュー投資による年間リターンが5%あったが、過去10年ではマイナスだと指摘。PBRが最も低い銘柄を買い、最も高い銘柄を売る「バリュー・ロング/ショート戦略」では合わせて15%のマイナスになる計算だとしています。ただ、長期的には悪くない投資戦略だとしています。

IT関連株の多くはPBRの尺度では非常に割高。バリュー投資戦略では「売り」です。しかし、いまの相場上昇をけん引しているのは、FANG(フェイスブック、アマゾン、ネットフリックス、グーグル)に代表されるIT関連株です。バリュー投資を貫く86歳のバフェット氏が時代に遅れたか、それともドットコム・バブルのように一時的な現象か。時間が経たないと判断できません。
 


[June 09, 2017]  No 031843669

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.04.26 更新動意づいた相場、ボラティリティ高まるか25日のニューヨーク株式マーケットでは主要株価指数であるダウが取引終了にかけ下げ幅を縮めましたが、前半の取引では一時200ポイント超下落しました。ロンドン、フラ…
  • 2019.04.25 更新日本であまり報じられない問題日本のメディアがほとんど報じないのに、海外では大きく伝えられる。日本国内とは全く別の視点で報じられる。日本の役所が絡む問題、日本にネガティブな問題はこれらの傾向…
  • 2019.04.24 更新ソフトバンク孫氏、個人投資で大損社会現象と言えるほど騒がれたビットコイン。インターネット上の仮想通貨です。中国でのブームが去った後、日本の個人投資家が積極的に買ったとされています。2017年1…
  • 2019.04.23 更新不動産低迷、シドニー、ロンドン、ニューヨークオーストラリアの住宅価格の下落が顕著です。西端のパースはピークから18%下落。最大都市シドニーは14%ダウン。メルボルンの住宅価格は10%下げました。供給過剰、…
  • 2019.04.20 更新ビバリーヒルズ90210に住む、いくら必要アメリカ人の一部の間で「50/30/20ルール」という指針があるそうです。手取り収入の50%は必要経費。住宅ローンや家賃、食料品、ガソリンや公共料金、保険など生…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ