2分でわかるアメリカ

2010/10/30バフェット氏の後継候補はショートの天才


アメリカの著名な投資家であるウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャー・ハザウェイが、無名のファンド・マーネジャーを採用したのが今週月曜日。時間が経つにつれて、バフェット氏の最も有力な後継候補とされるファンド・マネージャーの人物像が明らかになってきました。

トッド・コムズ氏は現在、ニューヨークのすぐ隣、コネチカットで、2005年からヘッジファンドとしては小規模の4億ドル(約320億円)のファンドを運用しています。

フロリダの大学を卒業後、コムズ氏は金融機関を監督する政府機関に職を得て、銀行や保険会社の仕組みを学びます。その後、保険会社やヘッジファンドなどを経て、コロンビア大学のビジネススクールでバリュー投資を学びました。チノパンとボタンダウンシャツで出社、ネクタイをしめることは、ほとんどないそうです。社交的ではなく、時間があると新聞や資料を徹底的に読んでいます

アメリカでは、2007年頃からサブプライム・ローンが浮上、翌2008年には金融危機が発生、多くの投資家が巨額の損失を出しました。しかし、コムズ氏は、いずれ破たんするファニーメイなどの金融会社が巨額の不良債権を隠していることを不動産バブル全盛期に見抜き、ショート(売り)ポジションを取りました。ショートのリターンは2007年に35.56%、翌年の2008年には36.68%の利益を上げました。ただ、ロングでは小幅ながら損失を出したこともあります。

コムズ氏は決算などの数字は「お化粧されているため」あまり気にせず、自分が読んだ資料をもとにショートで利益を狙います。バフェット氏はショート取引をしないのですが、共通しているのは、バリュー投資つまりマーケットに過小評価されている株を探し出し投資することです。

コムズ氏は39歳。80歳になった投資の天才であるバフェット氏が探し出したバリューなファンド・マネージャーです。

HAPPY HALLOWEEN!

[October 29, 2010] No 010280

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.10.23 更新当たったらビリオネアアメリカでは州によって宝くじのルールが異なりますが、多くの州で販売されている「メガミリオン」の1等(ジャックポット)賞金が過去最高になり話題を集めています。メガ…
  • 2018.10.20 更新黄色いクルマが消える日ロサンゼルスはカリフォルニアらしい晴天でした。気温は28度。日本人の感覚では「暑い」と思うかもしれませんが、乾燥していて心地よい。5時間のフライトでニューヨーク…
  • 2018.10.19 更新カショギ氏の「最後のコラム」ワシントンポストが18日、行方不明のサウジアラビア人のジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏のコラムを掲載しました。「アラブ諸国に必要なのは表現の自由」と題するコ…
  • 2018.10.18 更新米財務省の為替報告書※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカ財務省が為替報告書を公表する予定。アメリカ東部時間の…
  • 2018.10.17 更新財政赤字、トランプ氏の主張と違った※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)大規模な減税分は高い経済成長で相殺される。トランプ政権が去年…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ