2分でわかるアメリカ

2017/05/24「ロシア疑惑3」嘘と隠蔽

トランプ大統領の国家安全保障補佐官を辞任したマイケル・フリン氏の嘘と隠蔽がワシントンを揺るがせています。FBIや諜報機関の捜査から、トランプ大統領が守ろうとした人物です。

フリン前補佐官の嘘が最初に公になったのは今年1月。政権発足前に「ロシアのキスリャク駐米大使と対ロシア制裁案について話したことはない」とペンス副大統領に虚偽の報告をしていたことが明らかになりました。トランプ大統領が擁護できず、事実上更迭されました。許可を得ないで民間人が外国交渉に介入することは禁じられています。

フリン氏をめぐっては、息子と創業したコンサルティング会社フリン・インテルが、2015年にロシア国営の放送局RTからに日本円に換算して約500万円の報酬を受け取りモスクワで講演したこと、トルコのエルドアン大統領に近い人物と契約し高額の報酬を受け取っていたこともわかっています。国防省が警告していましたが、報告がない。事実を隠蔽していた疑いが濃厚です。「フリン氏が嘘をついている」との声が広がりました。

連邦議会上院の情報委員会は、フリン氏に対しロシア関連の資料の提出を求めると同時に、証言するよう召喚しました。しかし、フリン氏は22日、自分に不利になる証言を拒否できる憲法上の権利を行使し、応じない考えを明らかにしました。議会との対決姿勢が鮮明になりました。

ロードアイランド州出身のフリン氏はアメリカ軍のエリートです。軍事諜報畑が長く、2012年から2014年まで国防情報局の長官をつとめました。諜報のプロです。

CNNによりますと、複数のロシア政府関係者が、トランプ氏に影響を与えるため「フリン氏は使える」と話していたそうです。CIAのジョン・ブレナン前長官は23日の上院公聴会で、「ロシア政府がトランプ陣営に影響を与えようと試みたことが心配だった」と述べました。

KGBを生んだ国に利用されそうだった。もしくは利用された。トランプ大統領は、危険な人物を政権中枢内に抱えていたことになります。


[May 23, 2017]  No 031843658

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.05.18 更新貿易戦争、米消費者心理は大幅改善アメリカの消費者心理の動向を探る上で参考になるデータが2つあります。1つはニューヨークに拠点を置く非営利団体コンファレンスボード(全米産業審議会)が算出する「C…
  • 2019.05.17 更新「トランプ関税」ルーツは日本トランプ大統領の関税への愛は、1980年代の日本ブームに始まった。ニューヨークタイムズが興味深い記事を掲載しました。それによりますと、トランプ氏は1988年、名…
  • 2019.05.16 更新自動車関税延期、株価対策?アメリカ東部時間の朝。「トランプ大統領が自動車の追加関税を発動するかの判断を6カ月延期」とCNBCをはじめ複数のメディアが一斉に報じました。いずれも複数の関係者…
  • 2019.05.15 更新「FRB利下げで貿易戦争に勝利」ウォール街の知人によると、債券市場が株式市場に先行して動くそうです。30年を越すキャリアから学んだと話しています。特に、政治で相場が動く局面ではその傾向が強いと…
  • 2019.05.14 更新ウォール街を震撼させた中国人ツイート中国政府が13日、アメリカからの5140品目、600億米ドル相当の輸入品に対し報復関税を6月1日から導入すると発表しました。トランプ大統領が対中関税を引き上げる…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ