2分でわかるアメリカ

2017/05/19「ロシア疑惑1」特別検察官のお仕事

アメリカ司法省のローゼンスタイン副長官が18日午後、去年の大統領選でトランプ陣営がロシア政府と連携して介入した疑惑を解明するため、Robert Mueller(ロバート・モラー)氏を特別検察官に任命しました。2013年まで13年間にわたりFBI長官を務めた法律家で、忍耐強く徹底捜査する人物として知られています。共和党と民主党の大統領に仕えたこともあり、両党の議員から歓迎する意向が示されました。

セッションズ司法長官ではなく、副長官が動いたのは、司法長官自身がロシア疑惑の渦中の人物の一人であり、ロシア疑惑の捜査を拒否したことが背景です。ローゼンスタイン副長官に対する期待と圧力が高まっていました。

特別検察官とは、政府首脳や高官が関わった事件を、司法省やFBIなどから独立した形で捜査することを任務とします。民間から選ばれる弁護士です。1970年代の「ウォーターゲート事件」、そして1990年代にクリントン大統領が研修生と不適切な関係をもった問題で虚偽の発言をした疑惑をめぐり任命されたことがあります。

今回は、選挙でのロシア介入疑惑のほか、トランプ大統領がロシアに機密情報を話した問題、トランプ大統領が捜査妨害した疑惑も捜査対象になります。共和党幹部のマッカーシー下院議員が去年、「ロシアのプーチン大統領がトランプ氏にお金を渡した」とライアン下院議長に語っていたとワシントン・ポストが報じていて、この問題も調べられるとみられます。

ウォーターゲート事件では、ニクソン大統領が辞任するまで14カ月かかりました。今回は早期に疑惑解明をすることが求められていますし、そうなる可能性が高そうです。下院と上院の調査も同時に進められることになりますが、今後は特別監察官の捜査が中心になります。

ちなみに、日本の共同、時事、日経は特別検察官の名前を「モラー氏」、朝日は「マラー氏」、そして読売は「ムラー氏」と表記しました。ほかに「ミュラー氏」というのもありました。共同通信の表記に収斂されていく可能性が高いと思います。また、日本では「ウォーターゲート」にからめて「ロシア・ゲート」とNHKなどが呼んでいますが、アメリカの主要メディアではあまり聞かない呼称です。

ロシア疑惑は歴史的な事件に発展する可能性があり、マーケットへの影響も大きいことから、今後シリーズ化したいと考えています。


 [May 18, 2017]  No 031843655

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.09.22 更新25-26日のFOMCが注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの中央銀行にあたるFRBが25日と26日の2日間に渡…
  • 2018.09.21 更新予想されたダウ最高値、先高観※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)ニューヨーク株式マーケットを代表であるダウ30が、20日の取…
  • 2018.09.20 更新トランプ政権が恐れていること※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカと中国の関税合戦がエスカレート。どちらも引かず、泥沼…
  • 2018.09.19 更新最高裁判事承認が注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)「アニタ・ヒル事件」はセクハラ疑惑の先駆けと言われています。…
  • 2018.09.18 更新ITで稼いでアナログを買う※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカのメディア大手メレディスは16日、ニュース誌「タイム…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ