2分でわかるアメリカ

2017/05/13「金持ちの掟142」意外! ブレグジットで大儲け

去年6月の投票で国民が決めたブレグジット(イギリスのEU離脱)。3月末にメイ首相がEUに離脱を正式通知、2年間の離脱交渉がはじまりました。イギリス経済が大きな打撃を受ける、単一市場に自由にアクセスできなくなる。フランクフルトなどへ移転する金融機関などが相次ぎ、ロンドンの不動産価格が下落しました。英ポンド相場もずいぶん安くなりました。

イギリス人は大変ではないか。ロンドンの友人は、英ポンド安で海外に行けなくなったと嘆いています。オランダ人の友人は、ロンドンで働けなくなると心配しています。しかし、意外にも、富豪がブレグジットで資産を増やしていました。

サンデータイムズがまとめた恒例の富豪リストによりますと、2016年のイギリスのビリオネアが前年から14人増え、過去最高の134人になりました。ロンドンのビリオネアは86人。世界で最もビリオネアが多い都市だと伝えました。フォーブスのまとめでは、ニューヨークには82人のビリオネアがいます。

富豪リストの首位はヒンドゥージャ兄弟でした。金融からエネルギー、自動車など幅広い産業を傘下に持ち、7万人の従業員を率いるインド系財閥のオーナーです。1914年にインドのムンバイで兄弟の父が創業、それを大財閥に成長させました。2016年の推定資産額は162億ポンド(約2兆3650億円)。ロンドン中心のセント・ジェームズ公園に面する3億ポンド(約438億円)の豪邸に住んでいます。バッキンガム宮殿のご近所。

僅差で富豪リスト2位につけたのは、ウクライナ生まれのアメリカ人であるレン・ブラバトニク氏。資産額は159億ポンド(約2兆3210億円)。3位は、インド生まれのルーベン兄弟でした。トップ3はいずれも前年から資産を増やしました。

サンデータイムズの富豪リストは、移民が上位を占めました。最近続いているトレンドですが、2016年はさらにその傾向が強まりました。イギリス政府は、富裕層を積極的に呼び込む政策を続けています。ブレグジットで普通のEU市民が出国、EU外からの移民富豪が資産を増やすという構図となっています。

 
 [May 12, 2017]  No 031843651

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.02.16 更新トランプ非常事態宣言、次に起こることアメリカのトランプ大統領が15日、ホワイトハウスで記者会見し、メキシコとの国境に壁を建設するため、非常事態を宣言しました。壁があれば、麻薬ディーラーやギャングの…
  • 2019.02.15 更新アメリカが買わないA380ANAがエアバスA380の就航に合わせてハワイ便を刷新する計画です。ハワイ路線で初めてファーストクラスを導入、5月24日に成田ホノルル便が就航します。8席しかな…
  • 2019.02.14 更新トランプ大統領、アカデミー賞みる?メキシコとの国境の警備を強化するための予算案で、与野党が11日までに原則合意しました。14日に上下両院が採決し、可決する方向。法案がホワイトハウスに送られること…
  • 2019.02.13 更新現金ポジション膨らむ、両極端な見方ファンドマネジャーを対象にしたバンク・オブ・アメリカ・メリルリンチの最新の調査で、キャッシュ・ポジションが、2009年1月以降、つまり過去10年で最大規模になっ…
  • 2019.02.12 更新エルパソ対決、物理的壁とバーチャル壁連邦議会の超党派17人で構成される特別委員会が週末、政府機関が再び一部閉鎖することを回避するため、メキシコ国境の警備強化と不法移民問題について協議しました。妥協…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ