2分でわかるアメリカ

2017/05/06ウォーレン・バフェット氏の大失敗

アメリカの著名投資家ウォーレン・バフェット氏がIBM株を手放した。CNBCが報じたニュースが、5日のウォール街に一気に広がりました。

バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイは2011年からIBM株を買いはじめ、合計で130億ドル(約1兆4600億円)を投資しました。IBMの筆頭株主になりました。バフェット氏は「アナログの割安株投資」で知られていたため、テクノロジー株への投資に注目が集まりました。

しかし、IBMの売上高は20四半期連続で減少。去年は株価が前年比で20%上昇しましたが、2013年につけた高値を大幅に下回ったまま。S&P500などの指数や他のテクノロジー株と比べ大きく出遅れました。

バフェット氏は5日、CNBCに出演、保有するIBM株の3分の1を売却したと述べました。売却額は約180米ドル強。バークシャー・ハザウェイの年次報告書によると平均買い単価は170ドルでしたので損はしていませんが、利益は6年保有で約6%。5日の取引では155米ドル前後で推移しています。つまり、残り3分の2のIBM株は含み損を抱えています。

バフェット氏のIBM投資は疑問視されていました。しかも大物に。CNBCによりますと、マイクロソフト創業者のビル・ゲーツ氏とファンド・マネジャーのスンタレー・ドラッケンミラー氏が、それぞれ「投資は間違い」だと警告していました。

IBMは、コンピュータ部門を中国のレノボに売却。ITコンサルティングに特化していました。競争の激しい分野です。幅広く調査した上での投資だと思いますが、ゲーツ氏らの指摘が正しかったことになります。

バフェット氏は過去にも投資で失敗しています。石油大手コノコフィリップスを高値で買い失敗、2つのアイルランドの銀行とニューイングランドの繊維会社への投資では大きな損出を計上しました。

今回の失敗は、バフェット氏の新しい方向と注目されていただけに、大きな話題になりました。「投資の神様」も完璧ではないと囁かれています。

 
[May 05, 2017]  No 031843646

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.12.15 更新トランプ大統領、任期全うできるか12月9日からの1週間は、トランプ大統領にとって就任以来で最悪の週だった。ワシントンポストのコラムニストが伝えました。確かに、トランプ大統領に打撃となるニュース…
  • 2018.12.14 更新アメリカのガラパゴス日本に帰国する際は非接触型ICカードを使っています。JR東日本のSuicaや首都圏の地下鉄やバスで利用できるPASMO。コンビニや自販機でも使えて便利だと思いま…
  • 2018.12.13 更新FRBの利上げけん制、最後のプッシュアメリカのトランプ大統領が11日、ロイターのインタビューを受けました。ウォール街で話題に。金融情報に強い通信社による単独インタビューのため、慎重に準備したことが…
  • 2018.12.12 更新ホワイトハウスの重要ポスト先週末まで、「ホームランド」をアマゾンプライム・ビデオで毎日観ました。2011年から放送されているCIAエージェントのテロリストとの戦いを描いたテレビドラマで8…
  • 2018.12.11 更新中国がiPhone差し止め、微妙なタイミング中国の福建省福州の裁判所が、特許侵害をめぐるクアルコムとの訴訟に関し、アップルのiPhoneの輸入と販売を差し止める仮処分を下したことが明らかになりました。クア…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ