2分でわかるアメリカ

2017/04/27オバマ前大統領の値段

「オバマ前大統領が、ウォール街の金融機関が主催するイベントでの講演を40万米ドル(約4440万円)で引き受けた」。フォックス・ビジネスが25日に伝えました。ニューヨーク・タイムズなど欧米の主要メディアが後追い報道しました。

イベントを主催するのは中堅の投資銀行カンター・フィッツジェラルド。2001年に発生した同時多発テロで従業員の3分の2以上を失ったフィッツジェラルドは、まだ回復途上です。9月に開催するヘルスケアのコンファレンスの目玉として、オバマ前大統領に依頼したものです。

ビル・クリントン元大統領の講演料は20万米ドル(約2220万円)、ジョージ・W・ブッシュ元大統領は17万5000米ドル(約1942万円)とされています。ヒラリー・クリントン元国務長官は、2013年のゴールドマン・サックスの演説で、22万5000米ドル(約2497万円)を受け取りました。オバマ前大統領の40万米ドルが、いかに高額かがわかります。

2カ月前、出版大手のペンギン・ランダム・ハウスが、オバマ前大統領とミッシェル夫人が別々に出筆する回想録に650万米ドル(約7億2150万円)を支払うことで合意しました。大統領およびファーストレディ経験者の回想録としては、過去最高額です。

オバマ前大統領は、ウォール街の「強欲主義」を批判、金融規制を大幅に強化したドット・フランク法を後押ししました。ウォール街から高額の報酬を受け取ることが批判されるかもしれません。

トランプ大統領は、ウォール街を象徴するゴールドマン・サックスの幹部を相次いで政権中枢に入れ、ドット・フランク法を見直す大統領令に署名しました。また、オバマ前大統領の政策を徹底的に批判しています。これらの動き、批判が、オバマ前大統領の値段を吊り上げているのではないか。個人的にそう思います。


[April 26, 2017]  No 031843639

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.02.16 更新トランプ非常事態宣言、次に起こることアメリカのトランプ大統領が15日、ホワイトハウスで記者会見し、メキシコとの国境に壁を建設するため、非常事態を宣言しました。壁があれば、麻薬ディーラーやギャングの…
  • 2019.02.15 更新アメリカが買わないA380ANAがエアバスA380の就航に合わせてハワイ便を刷新する計画です。ハワイ路線で初めてファーストクラスを導入、5月24日に成田ホノルル便が就航します。8席しかな…
  • 2019.02.14 更新トランプ大統領、アカデミー賞みる?メキシコとの国境の警備を強化するための予算案で、与野党が11日までに原則合意しました。14日に上下両院が採決し、可決する方向。法案がホワイトハウスに送られること…
  • 2019.02.13 更新現金ポジション膨らむ、両極端な見方ファンドマネジャーを対象にしたバンク・オブ・アメリカ・メリルリンチの最新の調査で、キャッシュ・ポジションが、2009年1月以降、つまり過去10年で最大規模になっ…
  • 2019.02.12 更新エルパソ対決、物理的壁とバーチャル壁連邦議会の超党派17人で構成される特別委員会が週末、政府機関が再び一部閉鎖することを回避するため、メキシコ国境の警備強化と不法移民問題について協議しました。妥協…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ