2分でわかるアメリカ

2010/10/23バフェット氏「ゴールドマンからの電話に出ない」


ダウのきのうの終値が、リーマン・ブラザーズが破たんした日の終値に並びました。アメリカの景気減速が鮮明になる中、株式相場を支えているのは、FRBの追加金融緩和により余剰資金が流入するという期待、そして強い企業決算です。

ゴールドマン・サックスの7-9月期の決算も好調で、総収入も一株当たりの利益もアナリストの予想を上回りました。大手金融の決算がほぼ出揃いましたが、ゴールドマンの強さは際立っています。  

リーマンが破たんした後の金融危機の際、クレジット市場が機能しなくなり苦しんでいたゴールドマンを救ったのは、著名な投資家で大富豪のウォーレン・バフェット氏でした。バフェット氏が率いるバークシャー・ハザウェイが優先株と引き換えに50億ドル(約4100億円)投資したことで安心感が広がり、ゴールドマンは窮地を脱しました。

「この優先株を買い戻すことをゴールドマンが検討している」とウォール・ストリート・ジャーナルが報じています。バフェット氏が投資の条件とした10%の配当が重荷になっているからです。ゴールドマンは既に約10億ドル(約820億円)の配当をバークシャー・ハザウェイに支払いました。1日当たり130万ドル(約1億円)、1秒当たり15ドルの計算になります。

バークシャー・ハザウェイはまた、2013年10月までにゴールドマンの普通株式を当時(2008年10月)の株価である115ドルで買う権利も保有しています。ゴールドマンの株価は、ダウなどの指数と比べアウトパフォームしていて、きのうの終値は159ドルでした。バフェット氏が仮に権利を行使した場合、約20億ドル(約1640億円)のキャピタル・ゲインを得る計算です。

ゴールドマン救済は、バフェット氏にとって「おいしいディール」でした。いまバフェット氏が最も恐れているのは、ゴールドマンがお金を返し、高い配当が貰えなくなることです。バフェット氏は「ゴールドマンからの電話には出ない」と冗談を言っているそうですが、本音かもしれませんね。

[October 22, 2010] No 010275

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ