2分でわかるアメリカ

2017/03/16トランプ氏の納税記録、自分でリーク?

昨夜は驚きました。ケーブルチャンネルのMSNBCが、ドナルド・トランプ大統領の確定申告書を公表したからです。

MSNBCのキャスターのレイチェル・マドウ氏が公表したのはトランプ大統領の2005年の記録。年収は1億5000万米ドル(約171億円)。3800万米ドル(約43億3200万円)の所得税を納めていました。実効税率は25.3%。大統領選を争ったヒラリー・クリントン氏の2015年の税率は34.2%でした。

トランプ大統領は去年の大統領選、そして勝利後も、慣例となっている確定申告書の公表を拒否してきました。リチャード・ニクソン大統領以来のことです。去年11月にニューヨーク・タイムズが1995年の巨額損失により最大18年にわたり毎年5000万米ドル(約57億円)の税額控除を受けた可能性があると報じましたが、2005年の記録を見る限り控除を受けていませんでした

MSNBCのマドウ氏によりますと、確定申告書のコピー2ページ分がニューヨーク・タイムズの元記者に匿名で郵送されました。リークによる報道では珍しくありませんが、いくつかの疑問が残りました。

ホワイハウスは、MSNBCが報道した直後、本物のコピーであることを認めました。「大統領になる前、トランプ氏は世界で最も成功したビジネスマンだった」と加えました。あまりにもスムーズで、「予定されていた行動」のように思えます。公表されたのはわずか2ページで申告書の一部にすぎず、所得の内容が含まれていません。12年も前の申告書というのも変です。さらに、コピーには「Client Copy(顧客コピー)」とスタンプが押されていて、IRS(日本の国税庁に相当)から漏洩したものではありません。

ワシントン・ポストをはじめ複数のメディアが、トランプ大統領自身がリークした可能性が疑われると報じました。都合がいい部分だけを公表したのではないかと。トランプ氏には、情報をリークした過去があります。

トランプ大統領の1年目の課題は、医療保険制度と税制の改革です。富裕層に有利に議論が進んでいるとすでに批判が出る中、ビジネスマンとしての自らの成功を誇示し、法律に基づき納税したことを知らせたかったのか。今回のリーク騒動は多くの思惑を呼んでいます。


 [March 15, 2017]  No 031843611

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.09.22 更新25-26日のFOMCが注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの中央銀行にあたるFRBが25日と26日の2日間に渡…
  • 2018.09.21 更新予想されたダウ最高値、先高観※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)ニューヨーク株式マーケットを代表であるダウ30が、20日の取…
  • 2018.09.20 更新トランプ政権が恐れていること※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカと中国の関税合戦がエスカレート。どちらも引かず、泥沼…
  • 2018.09.19 更新最高裁判事承認が注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)「アニタ・ヒル事件」はセクハラ疑惑の先駆けと言われています。…
  • 2018.09.18 更新ITで稼いでアナログを買う※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカのメディア大手メレディスは16日、ニュース誌「タイム…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ