2分でわかるアメリカ

2017/02/11夜はひとりテレビ三昧、メモは1枚だけ

ニューヨークタイムズが最近、情報提供を求める告知を掲載しています。メールやソーシャルメディアなどでニュース・ネタを送って欲しいと。これも影響したのか、政府内からのリーク情報が目立って増えました。最近ニュースになったトランプ大統領とオーストラリアのターンブル首相の「最悪の電話会談」は、リーク情報がニュース源でした。

歴代の大統領ではほとんど報じられなかったホワイトハウス内の「小ネタ」も少なくありません。例えば、ホワイトハウスのスタッフが照明の使い方を知らなかったため、真っ暗の幹部会議が開かれたとか。細かい資料を読まないトランプ大統領に対するメモは1枚だけ、しかも要点を9つ以内にすることが掟になったとか。もしくは、ホワイトハウス内のカーテンがトランプ大統領の趣味で金色に取り替えられ、ランチルームにはテレビが設置されたなど。いずれも非常に興味深いです。

ニューヨークタイムズなど複数のメディアによりますと、トランプ大統領は毎日、夕方の6時半に執務室からホワイトハウス内の住居塔に移動するそうです。シークレットサービスがエスコートする形で。

メラニア夫人と10歳の息子のバロン君がニューヨークにいるため、住居棟にはトランプ大統領一人だけ。娘のイバンカさんの家族がワシントンに引っ越しましたが、子供の世話などで忙しい。トランプ大統領は、バスローブでCNNなどのケーブルチャンネルのニュースを観て、孤独な夜を過ごしています。70歳の「単身赴任」。なんとなく寂しい。話し相手がいないので、深夜、早朝にかかわらず知人に電話をしているとも伝えられています。情報が漏洩する危険があるプライベートの携帯を使うことも。

トランプ大統領は、フロリダ州パームビーチにある別荘「マールアラーゴ」で週末を過ごすことが増えています。住みなれないホワイトハウスから解放され、別荘でのトランプ大統領はいつもリラックスしているそうです。そのプライベートの空間に安倍首相が招かれました。トランプ大統領流の「最高のおもてなし」。日米関係は安泰か、それとも近づきすぎると危険か。多くの憶測を呼ぶことも、注目度が高いことを示していると思います。安倍首相の訪問をアメリカのメディアがトップ級で詳しく報じました。筆者の知る限り、こんなことは初めてです。


 
[February 10, 2017]  No 031843590

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.04.19 更新外為は通常で株は休場、わかりづらい祝日祝日は祝日。日本人なら誰でもそう思います。アメリカは違う。連邦政府が祝日に指定しているのに、地域によって休みにならないことがあります。逆に、連邦祝日ではないのに…
  • 2019.04.18 更新アメリカが報じない日米交渉日米両政府が15日と16日の2日間に渡ったワシントンでの閣僚級の貿易協議を終えました。農産物と自動車を含む物品貿易の議論を先行、データ貿易も交渉に含めることで一…
  • 2019.04.17 更新勝てるかも、米大統領候補の新星2016年11月の大統領選でトランプ大統領が大方の予想に反して勝利したのは、アメリカ人が「変化」を求めていたからではないか。個人的にそう思います。当時、民主党の…
  • 2019.04.16 更新中央銀行の独立性が危ない「トルコの中央銀行は完全に独立する必要がある」ギリシャ、ポルトガル、アイスランド、そしてウクライナへの金融支援で中心的な役割を担った国際通貨基金(IMF)のヨー…
  • 2019.04.13 更新日本人も、米国査証が取れない「本場、日本の味をNYで」。ニューヨークに駐在したことがある人らなら誰でも知る寿司レストラン「寿司田(すしでん)」のホームページにこう書かれていました。マンハッ…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ