2分でわかるアメリカ

2017/02/07空港混乱はなかった

きのう午後、ロサンゼルスに戻りました。イスラム圏7カ国の入国を一時禁止する大統領令を受け全米の空港がカオス状態にあると報じられていたので覚悟していました。杞憂に終わりました。混乱どころか、入国審査の電子化が進んだため、いつもよりスムーズでした。空港の外での抗議行動もありませんでした。

大統領令の即時停止を求めた連邦地方裁判所の命令が効いているのかもしれません。ただ、ロサンズルスに先週着いた友人に聞くと、「報道されているような混乱はなかった」と言っていました。混乱は中東からの便が多い東海岸の空港に集中していたか、もしくは、ほんの一部だけの現象だった可能性があります。

CNNなどニュースチャンネルでは、いずれもトランプ大統領の移民政策ばかりを報じていました。支持派と反対派がきっ抗、分断していると伝えていました。

シアトルの連邦地裁の差し止め命令を不服としてトランプ政権が控訴しました。しかし、連邦高等裁判所が棄却、双方に資料の提出を求めました。

移民をめぐる行政と司法の争いは、連邦最高裁判所までもつれ込む可能性が高まっています。ただ、最高裁判事は欠員があり、保守派とリベラル派が4対4で真っ二つに分かれています。このため、最高裁の欠員が埋まり9人になるまで待つか、それとも高等裁判所の判断が最終になるかは流動的です。

アメリカに戻ったきのうは、アメリカの国民的イベントであるスーパーボウルの日でした。NFLの勝者を決めるスーパーボウルは接戦となり、オーバータイムでニューイングランドのペイトリオットが2年ぶりの優勝を果たしました。歴史的な接戦でしたが、視聴率は異例の低さでした。ニュースチャンネルが伝える移民問題に国民の関心が集まっているのかもしれません。


[February 06, 2017]  No 031843586

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ