2分でわかるアメリカ

2010/10/19龍馬の時代に並んだ価格


ヨーロッパに出張していた妻が戻ってきました。このところユーロが対ドルで高くなっているので、物価は高かったか聞いたところ「それほどでもなかった、洋服を除いては」という答えが返ってきました。フランスのデパートには、アメリカのデパートとほぼ同じブランドが売っていましたが、値段が50%ほど高かったそうです。

僕はアメリカに来たころ、洋服の安さに驚きました。消費大国のアメリカでは、どのお店も、ユニクロ並みの低価格で大量に洋服を売っているのです。しかし、その洋服が来年春から高くなりそうです。

週末のウォール・ストリート・ジャーナルのトップページに南北戦争(1863-64年)時代の絵が大きく掲載されました。コットンの価格が南北戦争直後以来の高値をつけたニュースを伝えるためです。コットンの価格は先週末、インターコンチネンタル取引所で1.198ドルをつけました。これは1870年代以来の最高値です。坂本龍馬が暗殺されたのが1867年でしたので実にその時代以来の高値です。

世界的な異常気象やドル安などを背景に、今年に入り砂糖、オレンジジュース、コーヒーといった商品が軒並み高騰しています。コットンは、大雨などで生産が落ち込んだ中国が先週、アメリカの農家から収穫前のコットンを大量に購入したことなどがきっかけとなり高騰、3ヶ月で56%上昇したことになります。  

アメリカの安い洋服を支えていたのは、低価格のコットンです。中国やインドパキスタンなどから安いコットンを買い付け中国などで生産していました。過去20年間のコットン価格は、ポンドあたり40セントから80セントで取引されていましが、今年に入り急騰したのです。

リーバイスは来年の春物からジーンズなどを値上げする方針を明らかにしています。ゲスやエアロポステールなどのメーカーは、価格転嫁するか赤字覚悟で値上げを見送るか決めかねています。景気があまりにも悪いため、値上げは命取りになりかねないからです。

アメリカはG20首脳会議を来月に控え、中国政府に人民元を切り上げるよう強く求めています。求めている切り上げ幅は20%から40%とされています。もしそうなったら、アメリカの洋服がフランス並みになってしまうのでしょうか。

[October 18, 2010] No 010271

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ