2分でわかるアメリカ

2017/01/11グロス氏「注目するのはこの数字だけ」

ニューヨーク株式市場を代表する株価指数の一つ、ダウが足踏みしています。先週金曜日に20000ドルの大台に肉薄しましたが、今週はやや勢いに欠ける動きが続いています。決算発表が本格化するのを控えている影響でしょうか。

CNBCによりますと、BofAメリルリンチは、株価が今年前半に10%上昇すると予想しています。野球でいうと9イニングのうち8イニングにあるとして、最後の上昇局面だとしています。その後、年末にかけて株価が大きく崩れるとBofAメリルリンチのストラテジストは考えています。

一方、債券王と呼ばれるジャナス・キャピタル・グループのビル・グロス氏は、「ダウ20000」が重要ではないとCNBCにコメントしました。「原油相場の60米ドル」、「ユーロの対米ドル相場のパリティ(1.0)」という水準も意識されているが、いずれも気にする必要はないとしています。

グロス氏はその上で、今年一つだけ注目すべきは「米10年債利回り2.6%」という水準だとの見方を示しました。債券マーケットだけではなく、株式マーケットにとっても重要だとしています。

グロス氏によりますと、米10年債利回りは1987年以降、低下トレンドにありましたが、2.6%を超えて上昇すれば、トレンドが崩れます。つまり、債券価格が下がり、利回りが一段上昇することになります。

米10年債利回りは、去年12月15日に一時的に2.6%台にのせました。しかし、それ以降は下回ったままです。10日の取引では、米10年債利回りが2.38%近辺で推移しています。

米国債の利回りは米ドル相場にも影響することが予想されます。「2.6%」を超えて利回りが上昇すれば、米ドル買いを誘う可能性がります。


 [January 10, 2017]  No 031843571

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ