2分でわかるアメリカ

2016/12/23「米ドルが対円で30%過大評価」との見方

クリスマスを控え、すでに休暇に入ったアメリカ人が多いです。親しい弁護士に電話したら、メキシコのリゾート地にいました。別の友人はワインの産地ナパで休暇中でした。ロサンゼルスの空の玄関LAXへ向かう道路は今週初めから大渋滞です。

休暇入りした投資家やトレーダーも少なくありません。これを反映してマーケットでは売買が細っています。薄商いの場合、相場がこう着、あるいは大きく振れる、の2つの両極端のパターンが過去に何度もありました。今年はいまのところ前者。外国為替マーケットの動きもやや鈍くなっています。

こうした中、米ドルのショート(売り)を考える機会だと主張するマーケット関係者がいます。UBSのアジアでの資産運用の責任者です。

米ドルは、アメリカの大統領選でドナルド・トランプ氏が「サプライズ勝利」した後に急上昇しました。FRBが予想以上に早いペースで追加利上げを行う可能性を示したことも米ドル買いにつながりました。主要通貨に対する米ドルの動きを示す米ドル指数は2002年12月以来の高水準をつけました。

UBSのエイドリアン・ズーチャー氏は、「我々は米ドルが著しく過大評価されていると考えている」とした上で、「急ピッチの米ドル高は正当化できない」とCNBCに述べました。

ズーチャー氏は、米ドルの上昇基調が4年続いたことで、G10通貨に対する水準が高くなりすぎたとの見方を示しました。米ドルが対ユーロで15〜20%、対円では30%過大評価されている可能性があると語りました。

米ドル高の背景の一つは、アメリカのインフレ率が上昇するという観測ですが、ズーチャー氏は日本やヨーロッパも同時にインフレ率が上がるため米ドル高が説明できなくなる。さらに、大型の公共投資により財政赤字が拡大するとみられるが、歴史的に赤字拡大は通貨にネガティブに影響すると説明しました。


[December 22, 2016]  No 031843561

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.08.15 更新富で人は悪事を働く?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)お金があると人は悪いことをする。ワシントンポストが興味深い記…
  • 2018.08.14 更新トランプ流夏休み※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)日本はお盆。欧米企業でも夏休み中、という人が多いようです。フ…
  • 2018.08.11 更新全米で歴史的アジア旋風※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(6日更新)はこちら(マイページへログイン)ロサンゼルスで、ワーナーブラザーズが8日に公開した映画が話題を…
  • 2018.08.10 更新ハイジャックされた広告※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(6日更新)はこちら(マイページへログイン)先月末に引っ越しました。14年住んだ家の整理をする際、あまりに…
  • 2018.08.09 更新サウジ、「カナダ売り」加速※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(6日更新)はこちら(マイページへログイン)東京医科大学が入試で女子受験者らの点数を操作し、合格者数を抑え…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ