2分でわかるアメリカ

2010/10/08色で判断すると米国は不況?


心理学の大学教授から聞いたことがあるのですが、色と人間の心理は密接に関係しています。例えば、赤など原色に近い色のクルマが売れると景気回復のサイン。その一方、景気が悪い時は白など保守的な色のクルマが良く売れます。

クルマの塗装を請け負うPPGインダストリーズの調査によりますと、アメリカで最も人気があるクルマの色はシルバー。今年の新車販売全体の31%にあたります。つまり、3人に1人がシルバーのクルマに乗っていることになります。シルバーは10年連続トップですが、そのシェアは金融危機が起きた2008年が20%、2009年が25%でしたので、急増していることがわかります。

 シルバーに続いて黒と白がそれぞれ18%。コンサバなシルバー白の三色が全体の67%を占めていることになります。知り合いのディーラーは「保守的な色にすると売りやすいから選ぶ人が多い」と言っています。景気の先行きが不透明なため、将来クルマを買い替える際に高く引き取ってくれる可能性が高い保守的な色が好まれるのです。 

PPGの発表によりますと、1994年のトップは緑だったそうです。ちょっと意外だったのですが、当時のシェアは21%もありました。この年は1991年からはじまったアメリカの景気拡大サイクルのど真ん中の年です。ちなみに今年、緑の新車を買った人はわずか4%しかいません。また、景気改善のサインとされる攻撃的な色または情熱の色である赤は11%でした。

保守的な色が好まれる傾向はヨーロッパでもアジアでも同様のようです。景気の悪さは世界的だからでしょうか。個人的には、成長が著しい中国とインドで、どの色が売れているか知りたいのですが、データがありませんでした。

ちなみに僕は去年、黒のクルマからシルバーに変えました。あなたは、どの色のクルマに乗っていますか。

[October 07, 2010] No 010264

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.01.23 更新生活水準下げました我が家では、去年の第4四半期(10-12月)から生活水準を大幅に下げました。食費を切り詰め、無駄な買い物をしなくなりました。今年はクルマのダウングレードを考えて…
  • 2019.01.19 更新NY連銀総裁の警告不法移民を減らし、麻薬取引や人身売買などの犯罪を撲滅するためメキシコとの国境にスティール製の壁を建設するとのトランプ大統領の公約。国境警備の強化には賛成するもの…
  • 2019.01.18 更新ウォール街、株強気派増える17日のニューヨーク株式マーケットでは、モルガンスタンレーの決算が予想を下回ったことなどが影響し売りが先行しました。ただ、下げ幅は限定的。後半の取引で上昇に転じ…
  • 2019.01.17 更新メイ首相続投、5つのシナリオメイ首相が提示したEU離脱協定案の賛否を問うイギリス議会下院の投票が15日夜実施され、反対多数で否決されました。メイ首相が率いる与党・保守党からはEU離脱派と残…
  • 2019.01.16 更新政府閉鎖のネガティブ効果メキシコ国境の壁建設の予算をめぐるトランプ大統領と民主党の対立が続いています。解決に向かう兆候はまったくみられません。9つの省庁の予算が切れ、政府機関の約25%…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ